ようこそ スラ男村

なまけたろうと登山ブログ

【山梨】扇山~百蔵山 桜に誘われて、大月桃太郎伝説

桃太郎』といえば、誰もが知っている日本昔話の一つです。その物語を

要約すると、桃から生まれた男の子がきびだんごを持って犬、雉、猿を

仲間にし、鬼ヶ島へ鬼退治に行く-というものです。

 

この桃太郎の基本ともいえるあらすじは有名ですが、日本各地にはこの

物語になぞらえた伝説などが口承文学として残されております。

それらは必ずしも上記の基本の物語ではなく、神話が舞台だったり、

中には桃太郎が女の子だったというものまで様々です。

 

ぼくは特に、桃太郎で有名な岡山県に伝わる『温羅伝説』 に強く心を

打たれました。それは、桃太郎のモデルとも言われる吉備津彦命と、

製鉄技術を持った温羅(うら)という一族の戦いを描いた物語なのですが、

それはまた後ほど。

 

さて、前置きが長くなりましたが、今回は山梨県大月市が舞台です。

大月市といえばの秀麗富嶽十二景を絡めて、市内に散らばる桃太郎伝説

地元の方の優しさに触れてきた時のお話です。

f:id:ta2ni:20190605173801j:plain

続きを読む

【奥多摩】赤ぼっこ 息子と梅とまっくろくろすけ

展望の利く冬の間に、どうしても行きたかった里山があります。

それが、東京都青梅市にある「赤ぼっこ」という変わった名前の山です。

 

3月の青梅市というとちょうど梅まつりの時季ですので、ぜひとも山旅に

絡めていきたいところ。赤ぼっこの周回コースタイムも短めなので、

息子スラ坊を連れての親子ハイキングにぴったりです。

 

今回は、青梅の梅まつりと予想以上の大展望、そして意外な山の案内人

出会う赤ぼっこをハイキングしてきた時のお話です。

f:id:ta2ni:20190521133246j:plain

続きを読む

【神奈川】曽我丘陵 息子と梅と湘南ゴールド

ぼくは好きな果物の一つに、みかんがあります。真冬の時季、こたつに

半身をすっぽりと入れながら食べるみかんは、格別の美味しさです。

子どもの時はみかんの白い筋を全部取り、甘いみかんを好んで食べましたが、

今では甘酸っぱいほうが好きで、白い筋などおかまいなしです。

 

2月の親子ハイキングは、そんなみかんが食べられるお山ということで、

神奈川県小田原にある曽我丘陵にスポットが当たりました。この時季ですと、

ちょうど梅まつりも開催されておりますので、賑わいのある山旅ができそう。

 

今回は、冬を忘れる暖かな陽気の中、みかんと梅をお目当てに

曽我丘陵をハイキングしてきた時のお話です。

f:id:ta2ni:20190516175514j:plain

続きを読む

【奥武蔵】丸山 秩父の名峰を見渡す、山頂からの大展望

埼玉県秩父市のシンボルともいえる山、武甲山。その雄大な姿は市街地から

見上げても大迫力ですが、奥武蔵には武甲山を含めた秩父盆地と、その先の

山々を一望できるという贅沢な展望台があるといいます。

 

今回は降雪後の奥武蔵・丸山を舞台に、大展望の山頂、古の峠道を経て、

歴史ある鉱泉宿でじわりと秩父路を楽しんで来た時のお話です。

f:id:ta2ni:20190409103521j:plain

続きを読む

【丹沢】弘法山 息子とヒツジと名水の里

空気の澄み渡る冬は、雪を冠った富士山を眺めるには最適な季節です。

富士山の眺めと下山後の温泉を主軸に考えた結果、丹沢山地の麓にある

神奈川県秦野市弘法山公園にスポットが当たりました。

 

今回は、四季折々の花、富士山の展望、そして下山後には温泉も待っている

という贅沢な弘法山を舞台に、隠し味としてヒツジさんとの触れ合い

楽しんできた時のお話です。

f:id:ta2ni:20190325163351j:plain

続きを読む