ようこそ スラ男村

なまけたろうと登山ブログ

【丹沢】弘法山 息子とヒツジと名水の里

空気の澄み渡る冬は、雪を冠った富士山を眺めるには最適な季節です。

富士山の眺めと下山後の温泉を主軸に考えた結果、丹沢山地の麓にある

神奈川県秦野市弘法山公園にスポットが当たりました。

 

今回は、四季折々の花、富士山の展望、そして下山後には温泉も待っている

という贅沢な弘法山を舞台に、隠し味としてヒツジさんとの触れ合い

楽しんできた時のお話です。

f:id:ta2ni:20190325163351j:plain

続きを読む

【南房総】嵯峨山~鋸山 秘境・房総のグランドキャニオン

関東でどこよりも早い春を感じられる場所、千葉県・房総半島

1月には水仙、2月には菜の花や早咲きの桜が咲き乱れ、空気もよく澄んでいるので

遠くそびえる富士山や海の景色が魅力です。

 

一方で、登山に関しては全国でも唯一500m以上の山がないという千葉県ですが、

房総半島には魅力的な低山が数多く潜んでおります。

 

今回は、水仙の里・鋸南から冒険感たっぷりの秘境を目指して、海と山と

美味しいバウムクーヘンを繋いできた時のお話です。

f:id:ta2ni:20190305174529j:plain

続きを読む

【西丹沢】檜洞丸 冬の静寂、大展望の犬越路

神奈川県の北西部に広がる人気の登山エリア、丹沢山地

雨乞い信仰で親しまれる大山や、稜線の展望に思わず息を呑む塔ノ岳、

そして山地の西側には深山の雰囲気を漂わせる山々が潜んでいます。

また、奥多摩秩父よりも富士山に近いため、多くの山々から富士山の

迫力ある姿が期待できるのも特長です。

 

今回は、丹沢山地の西側、西丹沢エリアの盟主と呼ばれる檜洞丸にて、

師走の慌ただしさを忘れるほど静かな空気を味わった時のお話です。

f:id:ta2ni:20190221151327j:plain

続きを読む

【鎌倉】大平山 息子とパンと鎌倉アルプス

歴史ある社寺仏閣、オシャレなお店やグルメなどのイメージが強い

古都・鎌倉。毎年1月には600万人ほどの観光客が押し寄せるという

光都市ですが、海と山に囲まれた自然豊かな一面もあり、多くの

ハイキングコースが整備されています。

 

ほとんどのコースが1時間半~2時間半程度で歩くことができるので、

子どもを連れてのハイキングにもピッタリ。しかし、3歳児と一緒に

歴史探訪は渋すぎます。そこで今回は、下山後には鎌倉グルメを

食べ歩くというプランで、鎌倉観光を楽しんできた時のお話です。

f:id:ta2ni:20190206152824j:plain

続きを読む

【奥武蔵】天覧山~子ノ権現 燃える紅葉、飯能アルプス

県立奥武蔵自然公園の玄関として、豊かな自然と歴史が魅力の埼玉県飯能市

この飯能から秩父までには西武鉄道が通っており、沿線のエリアは「奥武蔵

と呼ばれ、子どもから大人まで楽しめる魅力的な山々が並びます。

 

奥武蔵に並ぶ山の多くは標高1000m以下のいわゆる低山で、歴史探訪や

四季折々の花、雪の少なさから冬でも歩ける山が多く、また都心からの

アクセスが便利なため、日帰りハイキングのメッカとも言えます。

 

ですが、そんな奥武蔵に点在する山々を繋いだコースがあるといいます。

今回は、飯能駅から続くご当地アルプス真っ赤に燃える紅葉、そして

美味しいうどんのお店を目指して歩いてきた時のお話です。

f:id:ta2ni:20190116163354j:plain

続きを読む