ようこそ スラ男村

なまけたろうと登山ブログ

【鎌倉】大平山 息子とパンと鎌倉アルプス

歴史ある社寺仏閣、オシャレなお店やグルメなどのイメージが強い

古都・鎌倉。毎年1月には600万人ほどの観光客が押し寄せるという

光都市ですが、海と山に囲まれた自然豊かな一面もあり、多くの

ハイキングコースが整備されています。

 

ほとんどのコースが1時間半~2時間半程度で歩くことができるので、

子どもを連れてのハイキングにもピッタリ。しかし、3歳児と一緒に

歴史探訪は渋すぎます。そこで今回は、下山後には鎌倉グルメを

食べ歩くというプランで、鎌倉観光を楽しんできた時のお話です。

f:id:ta2ni:20190206152824j:plain

続きを読む

【奥武蔵】天覧山~子ノ権現 燃える紅葉、飯能アルプス

県立奥武蔵自然公園の玄関として、豊かな自然と歴史が魅力の埼玉県飯能市

この飯能から秩父までには西武鉄道が通っており、沿線のエリアは「奥武蔵

と呼ばれ、子どもから大人まで楽しめる魅力的な山々が並びます。

 

奥武蔵に並ぶ山の多くは標高1000m以下のいわゆる低山で、歴史探訪や

四季折々の花、雪の少なさから冬でも歩ける山が多く、また都心からの

アクセスが便利なため、日帰りハイキングのメッカとも言えます。

 

ですが、そんな奥武蔵に点在する山々を繋いだコースがあるといいます。

今回は、飯能駅から続くご当地アルプス真っ赤に燃える紅葉、そして

美味しいうどんのお店を目指して歩いてきた時のお話です。

f:id:ta2ni:20190116163354j:plain

続きを読む

【奥武蔵】加治丘陵 息子とムーミン童話の世界へ

埼玉県飯能市に去年11月にオープンした、メッツァビレッジ

北欧のライフスタイルを楽しむテーマパークということで、今年3月には

ムーミンバレーパークのオープンも控え、ますます北欧の風を吹かせる

飯能に期待せずにはいられません。

 

しかし、飯能市にはもっと以前からムーミンの気配を漂わせる公園が

あるといいます。はじまりは一通の手紙から、飯能市に何故ムーミン

という謎を紐解きながら、ぜひ子どもと一緒に訪れたくなる公園を

歩いてきた時のお話です。

f:id:ta2ni:20190109161831j:plain

続きを読む

【奥秩父】妙法ヶ岳 渓流・紅葉・狼信仰、秋色の三峰

箱根の山旅を終えてすぐの11月上旬、ぼくが温めに温めた山旅をついに

実行する機会が訪れました。

 

ということで、埼玉県秩父市の奥の方にある三峯神社が今回の舞台です。

秩父三峯神社といえば関東屈指のパワースポットとして有名で、紅葉の

名所としても知られています。また西武秩父駅からの急行バスも出ており、

遠いながらもアクセス自体は便利というのも魅力の一つでしょう。

 

ですが、素直に三峯神社へ行けばいいのに、どうしても道草を食いたく

なってしまうのがぼくの悪い癖。今回は、紅葉の名所から渓流散策、そして

秩父の「狼信仰」について考えながら歩いてきた時のお話です。

f:id:ta2ni:20181219165502j:plain

続きを読む

【総集編】2018年の山旅まとめ

2018年も残すところ後わずか…一年間というのはあっという間ですね。

今年は「いつか行きたい!」と温めておいた山へ行ける機会が多く、

それ故か同じ山域での山旅が多くなりましたが、温めた分だけの感慨に

浸ることができました。

 

さて、それでは今年一年の振り返りとして、1月から12月までの山旅を

ピックアップしてご紹介したいと思います。

f:id:ta2ni:20181228154611j:plain

続きを読む