ようこそ スラ男村

なまけたろうと登山ブログ

【高尾】高尾山~陣馬山 富士山と白馬、冬の奥高尾縦走

f:id:ta2ni:20200227114148j:plain

世界一登山客の多い山」として知られる、東京・高尾山(たかおさん)

都心から一時間弱のアクセス、四季折々の自然が楽しめる様々なコース、

さらには豊富な施設と歴史ある社寺仏閣など、その魅力は枚挙に暇がありません。

 

そんな高尾山への年間登山者数は、なんと260万人を超えるといわれます。

それ故に、誰もが訪れやすい“観光地化”した山である感も否めませんが、

高尾山から陣馬山(じんばさん)まで足を伸ばせば、キリッとした山の空気が

お出迎え。観光登山から一転、歩き応え抜群のロングトレイルの始まりです。

続きを読む

【秩父】猪狩山~秩父御岳山 オオカミ息づく歴史トラベル

f:id:ta2ni:20200127171433j:plain

秩父地方に息づく狼信仰に惹かれるものがあります。およそ100年前に

姿を消したニホンオオカミが、今でも確かな形を残していること。

そんなロマンを感じるべく、秩父猪狩山(いかりやま)を目指しました。

 

麓の集落にはヤマトタケルやオオカミの伝説が残っており、山登りをする

前からたっぷりと歴史ロマンを感じることができます。

隣接する秩父御岳山(ちちぶおんたけさん)まで足を伸ばして、信仰と

歴史の山旅が始まります。

続きを読む

【丹沢】大山 息子とルーメソ、信仰と娯楽の大山詣り

f:id:ta2ni:20191220102703j:plain

新宿駅から小田急線に乗って、伊勢原駅に近づくにつれて堂々とした三角形の

山が見えてきます。車窓の向こうにある相模のランドマークこそ、昔も今も

多くの信仰と人気を集める大山(おおやま)です。

 

駅からバスとケーブルカーを乗り継げば、冬場の澄んだ大展望が待っています。

少し足を伸ばせば、下山後の温泉がお楽しみ。先人たちより受け継がれ、お手軽

となった現代版“大山詣り”。その魅力に迫ります。

続きを読む

【総集編】2019年の山旅を振り返って

f:id:ta2ni:20191224133737j:plain

令和元年ということで大いに盛り上がった2019年。

来年2020年は東京オリンピック開催ということで、さらなる盛り上がりが

予想されます。日本国内の山旅にも影響は出るのでしょうか。

 

さて、それでは今年も一年の振り返りとして、1月から12月までの山旅を

ピックアップしてご紹介したいと思います。

続きを読む

【富士】鬼ヶ岳~王岳 ブナ紅葉と富士山、展望の縦走路

f:id:ta2ni:20191203153251j:plain

世界遺産・富士山の北面に横たわる御坂山地は、眼下に富士五湖を挟んだ

絶好の富士山展望台。その雄大な展望に霞みがちですが、山地西側の特徴的な

山々を従える王岳ブナ原生林には目を見張るものがあります。

 

紅葉に彩られた自然林を楽しみながら歩いていくと、意外と稜線は険しく、

ハシゴや鎖場、痩せた岩稜などのアスレチックが連続します。試練の数々を

クリアした先の山頂には、ご褒美とばかりに富士山の絶景が待っていました。

続きを読む