ようこそ スラ男村

なまけたろうと登山ブログ

【丹沢】大山 息子とルーメソ、信仰と娯楽の大山詣り

f:id:ta2ni:20191220102703j:plain

新宿駅から小田急線に乗って、伊勢原駅に近づくにつれて堂々とした三角形の

山が見えてきます。車窓の向こうにある相模のランドマークこそ、昔も今も

多くの信仰と人気を集める大山(おおやま)です。

 

駅からバスとケーブルカーを乗り継げば、冬場の澄んだ大展望が待っています。

少し足を伸ばせば、下山後の温泉がお楽しみ。先人たちより受け継がれ、お手軽

となった現代版“大山詣り”。その魅力に迫ります。

 

どうも、スラ男です。

 

今回は、神奈川県の丹沢山地、その東端にある標高1,252mの相模大山…の山腹に

ある大山阿夫利神社から七沢温泉まで、4歳の息子と一緒に歩いてきた時のお話です。

f:id:ta2ni:20191220102650j:plain

大山の山頂まで行かなかったのは、息子もぼくも温泉に入りたかったためです。

大山近辺には、強アルカリ泉のヌルスベ感が気持ち良い七沢温泉があります。

ここに行くには大山山頂経由だとロングコースになるので、息子の体力的に

厳しい、という心配がありました。山頂に達しないで何が山登りか、いえいえ、

山頂がゴールではありませんし、なにより楽しみは温泉ですから。

 

■大山 目次

 

 

バスとケーブルカーで行く、お手軽な大山観光ルート

f:id:ta2ni:20191220102107j:plain

2019年12月8日、快晴の日曜日。小田急線に乗って降り立ったのは、伊勢原駅

“伊勢”原というように、関西にある伊勢神宮に関わりのある地名です。

まずは駅から出ている直通バスに乗り込んで、麓へ。

 

20分ほどの短いバス旅ですが、車内では落語家の方のアナウンスで大山の

小噺などが楽しめます。昔から大衆に親しまれた信仰の山ですから、市内にも

様々なストーリーが転がっていそうです。次回は歩いて行こうかな?

f:id:ta2ni:20191220102132j:plain

ちなみに、電車・バスを利用しての大山詣りなら、小田急電鉄から出ている

こちらのフリーパスが便利です。ケーブルカーまで含んだフリーパスAもあり

ますので、プランに合わせてお得にアプローチが可能となります。

f:id:ta2ni:20191220102145j:plain

雲ひとつない行楽日和。12月上旬だと、大山の麓にはまだ紅葉が残っていました。

多くの登山者と観光客が大山へ吸い込まれていきます。

終点の大山ケーブルバス停からケーブルカー乗り場までは、こま参道という商店街を

20分ほど歩いていきますが、約400段もの階段が連なっておりますのでご注意を。

f:id:ta2ni:20191220102157j:plain

ちょっと疲れたな、と思ったら、大山のお土産として有名な大山こまがズラリと

並んだお土産屋さんを覗いてみるのもひとつ。大山こまは縁起物として、大山

詣りのお客さんたちのお土産に人気だったそう。

ほかにも、人気のお豆腐料理が味わえるお店や、ワンハンドで食べられるお豆腐

グルメを扱っているお店もありました。

f:id:ta2ni:20191220102208j:plain

参道の床に描かれた大山こまや、階段の途中途中に書いてあるクイズで道中を

楽しみながら歩いていくと、ケーブルカー駅が見えてきました。

 

子どもと一緒にハイキングをする時は、行動時間の短縮、モチベーションのアップ

などの理由から、乗り物があると非常にありがたいですよね。

例えば、東京の高尾山や御岳山、秩父なら宝登山、乗り物の多さで言うなら

茨城の筑波山なんかも人気です。

f:id:ta2ni:20191220102233j:plain

ここ大山にも、2015年にリニューアルしたケーブルカーが走っています。

今回は七沢温泉へ下山するので、片道きっぷを買って列に並びます。

前にも後ろにも並んでいるのは、外国人の団体さん。

 

かつて江戸の庶民の娯楽であった大山詣りが、今や世界から愛されているという

ことに、なんだかグッときますね。

f:id:ta2ni:20191220102300j:plain

さてさて、ケーブルカーから降りて神社を目指して歩いていくと、黄色い下地に

赤文字で堂々とした横幕が目立ちます。

 

 

ルーメソ

 

 

ルーメソ、確かにそう書いてあります。初めてこれを見た方は、頭上に?マークが

浮かぶことでしょう。実はこちらのルーメソ、大山の裏名物?としてマニアが

いるとかいないとか(笑)

f:id:ta2ni:20191220102313j:plain

お店のメニューにもちゃんと書いてある、こだわりのルーメソ。

醤油、みそ、さらに山菜…とくれば、ピンときたでしょうか。

f:id:ta2ni:20191220102337j:plain

そうです、ルーメソの正体は、“ラーメン”でした。

 

よくよく見れば、黄色い横幕は実は縦ののぼりで、それがひっくり返っている

ために「ルーメソ」と見えてしまうのです。これは間違って取り付けられたのが

原因で、面白いのでそのままにしているとか。

f:id:ta2ni:20191220102326j:plain

以前に訪れた時はありませんでしたが、なんとルーメソのストラップまで

できておりました!さらに、近くに座っていた常連さんのザックにもチラリと

ルーメソストラップが!え…ちょっとほしい…(^_^;)

f:id:ta2ni:20191220102403j:plain

息子とルーメソを半分こして、お腹を満たしたらいよいよ神社へ。

階段を上がった先に鎮座するのが、大山阿夫利神社下社(しもしゃ)です。

 

神社の御祭神は大山祗大神(オオヤマツミノオオカミ)という山の神さまで、

富士山の御祭神である木花咲耶姫コノハナサクヤヒメ)のお父さんなのです。

そのことから、「富士に登らば大山に登るべし、大山に登らば富士に登るべし」

という、大山、富士山の両山をお参りする“両参り”も盛んだったそうです。

f:id:ta2ni:20191220102514j:plain

社務所の脇にぽっかりと開いた洞窟に入ってみると、中には“大山名水”が

龍神さまの口からこんこんと湧き出ています。飲用可能なので、飲んでみると

ああ、冷たくて美味しい!吹き飛ぶ美味しさです。

f:id:ta2ni:20191220102053j:plain

ところで、大山名水といえば知っておきたいのが「AFURI(あふり)」のこと。

大山から遥か離れた東京都心にて、この天然水で仕込んだスープを作っている

ラーメン屋さんがあるということを、“低山トラベラー”の大内征さんの著書で

知りました。

 

大山はよく雨が降ることで知られる場所で、“雨降山(あふりやま)”とも

呼ばれます。つまり、あふりとは大山のことなのです。もちろん、店のロゴ

マークには、しっかりと大山が描かれております。

 

いつかやってみたいのは、このAFURIカップラーメンを、大山名水でいただく

ということ。あるいは、大山を眺めながらいただくというのもいいですね。

f:id:ta2ni:20191220102450j:plain

話が横道にそれましたが、この下社は標高約700mあり、空気が澄んでいれば

相模湾江ノ島、遠く房総半島まで見渡せる第一級の眺めを楽しむことができます。

今回はここを山頂とし、これより日向薬師を経由して七沢温泉を目指します。

 

日向薬師七沢温泉を目指して

f:id:ta2ni:20191220102527j:plain

下社からの景色を堪能した後は、見晴台を経由して日向薬師を目指します。

こちらの道は、ルーメソのお店の左脇から続いております。

f:id:ta2ni:20191220102537j:plain

最初に見えてくるのが、二重滝と龍神さまをお祀りする二重社。

水量はありませんが、どこか落ち着くきれいな場所です。

f:id:ta2ni:20191220102551j:plain

すぐ近くには注連縄の張られた大木も。こちらは以前に悪縁を断ち切る

「縁切り杉」としてテレビで紹介されたとか。

ぼくは大木・巨木には大きな力が宿っている(いてほしい)と考えているので、

そういう話を聞くだけでゾクゾクしてしまいますね。

「うおー!でかっ!」と、息子・スラ坊はしがみついていました。

f:id:ta2ni:20191220102638j:plain

さらにこの先にも大木があり、こちらは何やら奥まったところにひっそりと

佇んでいるせいか、神聖な雰囲気がたっぷり。すると、スラ坊が木の近くで

静かに遠くを見はじめました。

 

「どうしたの?」

 

「………う○ち(・.・;)」

 

 

…戻るぞォォォ!!!ε≡≡(;^ω^)

 

 

f:id:ta2ni:20191220102715j:plain

下社の近くにあるトイレまで戻り、なんとか事なきを得ました。

その後はまた同じ道を登り返し、スラ坊も自分の足でしっかりと歩いてくれて

見晴台へ到着しました。ここで一服、寒い日はスープパスタがたまりません。

f:id:ta2ni:20191220102703j:plain

見晴台から仰ぎ見る大山山頂。これもまた“遥拝”ということになるのでしょうか。

下社から山頂にある本社までは、標高差約500mあります。高尾山の麓から山頂

までの標高差がおおよそ250mくらいですから、単純計算で高尾山の2倍です。

大山はケーブルカーがあるからといって、高尾山感覚でいると意外と苦労するかも

しれませんよ。

f:id:ta2ni:20191220102725j:plain

見晴台から日向薬師までの下り道は、向かう先の景色が開けており爽快です。

ススキがさらさらと風に揺れ、一部では黄葉した木々も見られました。

f:id:ta2ni:20191220102818j:plain

これから九十九曲がりに入る分岐に、一体のお地蔵さんが立っています。

これは勝五郎地蔵というそうで、日向地区の石工・勝五郎が建てたそう。

勝五郎は信州から石工技術を伝えた、地元で最初の人といわれているそうな。

f:id:ta2ni:20191220102831j:plain

石畳が敷かれた階段を下り続け、意外に日向薬師までの距離があることを

実感します。今ではハイキングコースですが、昔は巡礼の道。参拝者たちの

健脚ぶりが伺えます。

大山周辺は巡礼のための古道やトレイルが多々あるので、いつか歩いてみたい。

f:id:ta2ni:20191220102912j:plain

ハイキングコースが終わっても、日向薬師までの車道が地味に手強い。

しかし、この辺りには伊勢原市が設けた日向地区文化財散策ルートがあるので、

気になった場所に立ち寄ってみるのも一つです。

f:id:ta2ni:20191220102925j:plain

前を歩いていたおばあちゃんハイカーたちと、お喋りしながらバス停まで。

バス停横のお店でみかんを試食させてもらうと、なんと甘くて美味しいこと。

今日のお土産はみかんに決定、一袋いただきます。

 

さて、いよいよ日向薬師へ。ここへは彼岸花の時季に来ようと思っていましたが、

まさか温泉の誘惑につられて訪れることになるとは。

f:id:ta2ni:20191220102949j:plain

幽玄な参道階段を登っていき、いよいよ現れたのは、圧倒的な茅葺屋根。

源頼朝とも縁のある歴史あるこちらのお寺は、2016年に5年の歳月をかけた

平成の大改修」を終えたばかり。

f:id:ta2ni:20191220103025j:plain

境内にあるお茶屋さんでちょっと休憩をば。温かい豚汁と甘い草餅。

f:id:ta2ni:20191220103013j:plain

黄金に色づいた大イチョウが西日に照らされて、より一層美しく見えます。

でもぼくたちはまだまだ先へ。温泉が待っているから。

f:id:ta2ni:20191220103037j:plain

さすがに日向山を経由するハイキングコースを歩く元気はないので、車道を

のんびりと下っていきます。七沢温泉郷まではおよそ3kmの道のり。

途中に見えた展望に元気をもらい、さあもうひと踏ん張り。

f:id:ta2ni:20191220103049j:plain

ようやくたどり着いた本日の締めは、こちら七沢荘さんにお邪魔します。

日本の名湯百選」にも選ばれている七沢温泉は、ぬるめの強アルカリ泉が

魅力です。トロトロのお湯にいつまでも浸かっていたい、そう思えるほど非常に

満足度の高い温泉でした。

 

温泉から出ると、もう外は真っ暗!さすがにスラ坊もクタクタです。帰りの

本厚木駅を目指すバスの中で、ぐっすりと眠ってしまいました。

 

大山の親子ハイキング、終わりに

f:id:ta2ni:20191220102416j:plain

息子と親子ハイキングを始めてから一年経ち、そろそろ高尾山の次におすすめの

山に連れて行こうと色々計画しました。大山は山腹までなら観光登山にはぴったり

だと思いますので、コースを変えて季節を変えてまた訪れたいです。

 

ただ、大山は前述の通り標高差があるため、山腹までケーブルカーを利用したと

しても、後半は500m分しっかりと登ることになります。

江戸時代の人々は、ここに大太刀を奉納するために担いで登ったというのだから

尋常じゃありませんよね。

 

さあ、次はどこに行こうかなぁ。

 

 

コースタイム

2019年12月8日(日)晴れ

伊勢原駅(9:55)⇨大山ケーブルカー乗り場(10:40)⇨阿夫利神社下社(11:40)⇨見晴台(13:10)⇨日向薬師(15:10)⇨七沢温泉郷(16:15)