ようこそ スラ男村

なまけたろうと登山ブログ

【高尾】高尾山 自然と遊ぼう!3歳の息子とハイキング

f:id:ta2ni:20181022104041j:plain

子どもと外を出歩くのも気持ちの良い季節になりました。朝晩は涼しく、日中で

あっても程よい暖かさの中で紅葉や澄んだ青空を眺めながら歩くのは、想像する

だけでワクワクします。

 

そんな秋は、ハイキングデビューするのに最適な時季だと思います。

息子スラ坊も3歳になり、そろそろぼくと二人でのハイキングも行けるだろうと、

どこへ行こうか正直自分の時よりも真剣に悩みました。

 

最も重要だったのが、息子がどの程度歩くことができるのかということです。

「3歳の子ども」と一口に言っても、やはり性格・体力などの個人差があるので、

息子の体力測定も兼ねるとなると、最初はやはり自身が見知った山が望ましい。

 

というわけで、紅葉にはまだ早いけど、山腹のお店も新しくなった高尾山へ。

息子スラ坊と二人、初めての親子ハイキングを楽しんで来た時のお話です。

 

 

どうも、スラ男です。

 

高尾山への家族ハイキングは去年に行きましたが、ぼくと子どもだけというのは

今回が初めてとなります。わんぱく坊やを連れてのハイキング、どうなることやら。

内心ドッキドキです。しかし、この高尾山という山は、標高599mという低山の割に

底知れない懐の深さを持つ山です。

f:id:ta2ni:20181022104141j:plain

新宿から電車で正味一時間のアクセスにも関わらず、高尾山口駅に降りれば

豊かな自然が目の前に広がり、耳をすませば野鳥の声や川のせせらぎが聞こえます。

それでいて、歩きやすいように整備された山頂まで登山道、充実した乗り物や参道の

お店、名所でもある山頂直下の豪勢なトイレなど、人工的な部分においても高尾山の

クオリティはとどまるところを知りません。

 

なるほど、これなら小さな子どもとハイキングするにも安心ですね。

それでは高尾山への楽しい楽しい山旅の始まりです。

 

■高尾山 目次

 

初めての親子ハイキング、高尾山に登りにいこう

f:id:ta2ni:20181022103929j:plain

さて、目的地は高尾山に決まりましたが、お次は交通手段です。

自家用車があれば登山口まですいすい行けそうですが、今回は公共交通機関

行くことにします。幸いスラ坊は電車が大好きですし、どうしても京王線

乗りたかったという狙いもあります。

f:id:ta2ni:20181022103756j:plain

電車利用で、なおかつケーブルカーあるいはリフトにも乗りたいという方には、

京王線の券売機で売っているこちらの「高尾山きっぷ」がオススメです。

電車の往復券と、高尾山ケーブルカー・リフトの往復券がセットになっています。

ただでさえコストパフォーマンスの良い京王線なのに、これは嬉しいきっぷです。

 

ですが、ケーブルカー・リフトの「往復券」というところに、意外な落とし穴も

ありました。それが分かるのは後ほど…

f:id:ta2ni:20181022103806j:plain

どうして京王線に乗りたかったかという理由はこちら、以前に京王れーるランド

購入した絵本「はしれ!けい太くん」の物語をなぞりたかったからです。

 

この絵本は、京王線に乗って新宿から高尾山に行く家族と、京王線のけい太くんの

気持ちを描いたもので、今回実際に高尾山に登るため持参しました。

スラ坊は乗り物に乗ると興奮からか全く眠らないので、電車の中での退屈しのぎに

大いに役立ってくれました。計画通り

f:id:ta2ni:20181022103816j:plain

長い長い電車旅を終えてたどり着いた高尾山口駅。こちらが絵本の主役のけい太くん。

京王線は学生時代に随分とお世話になった電車ですので、ぼくにとっても馴染み深い

ものがあります。そういえば、今年2月に新型特急の「京王ライナー」がデビュー

しましたが、下り専用なんですよね。残念…

 

と思っていたら、11月の紅葉シーズン(土日祝・一部平日)のみMt.TAKAO号

という臨時特急が高尾山口駅発~新宿駅行きで出るようです!

f:id:ta2ni:20181022103826j:plain

相変わらず人で賑わう改札前の広場を通り、甘辛い醤油味が香る団子屋さんにある

木製のお団子が気になるようです。もしかしたら巨大などんぐりに見えてるのかも。

f:id:ta2ni:20181022103836j:plain

「はやくいこうよー!」と急かすスラ坊ですが、あぁっ!視線の先にはトーマスの

ガチャガチャが!!「かえるときにやろうね」と約束しましたが、それは貴様が

覚えていたらの話だ…クックック。

f:id:ta2ni:20181022103852j:plain

東海自然歩道東の起点の周りをシュバるスラ坊。こんなの前からあったっけ?

f:id:ta2ni:20181022103902j:plain

10月上旬では、高尾山麓のモミジはまだまだ青々しい色をしています。

11月から12月上旬が高尾山の紅葉シーズンですが、11月中はお祭り期間のため、

混雑回避を狙うならお祭り明けの12月初週がいいかもしれません。

 

ぼくたちも去年その時を狙って紅葉狩りを楽しみました。混んでましたが(笑)

 

■高尾山で紅葉狩り

surao.hatenablog.com

f:id:ta2ni:20181022103912j:plain

そうそう、スラ坊に見せたいものがあったんでした。それがこちら、ムササビの

ぬいぐるみ。うちにも一匹いるので、スラ坊が「むーちゃん」と微笑んでました。

f:id:ta2ni:20181022103950j:plain

青モミジが眩しさを魅せる高尾山の麓。ここから山腹まではケーブルカーかリフトに

乗って行くことが可能です。さてどちらに乗るか、ケーブルカーが行列していたので

今回はリフトを選びました。

f:id:ta2ni:20181022103939j:plain

リフトも同様に混んでいましたが、こちらの方が待っている間が面白いです。

スラ坊は熱心に虫とどんぐりを探してくれています。

 

すると、階段の近くで念願の虫を発見!しかし、「うわっ!げじげじ!」と、

見つけたのはどうやらムカデです。ムカデの牙には毒がありますから、触らない

ように注意を促しながら観察しました。それにしても息子よ、なぜ「ゲジゲジ」を

知っているのだ…

f:id:ta2ni:20181022104006j:plain

どんぐりも見つけられたようで、ご満悦の様子。何より、リフトに乗っている途中で

ダダをこねたらどうしようと不安でしたが、とても楽しかったらしく、終始ご機嫌で

いてくれました。そうそう、こういうのは楽しまないとね。途中のガタガタ揺れる

部分がお気に入りだったようです。

 

台風24号の爪痕が残る高尾山

f:id:ta2ni:20181022104057j:plain

今年の9月末に台風24号(チャーミー)が日本に上陸し、猛威を振るいました。

そのひと月前にも台風21号近畿地方に甚大な被害を与えています。風の力というのは

強烈で、あんなにも力強く立っていた巨木ですらなぎ倒してしまうほどです。

 

台風24号の爪痕は高尾山の登山道にも多く残されており、写真の倒木はリフト山上駅

の道です。こうした倒木による通行止めや注意箇所が到るところにあるのですが、

中には「通行止めとは知らなかった」という人も多く見かけました。

高尾山の登山道の情報は、高尾ビジターセンター高尾山マガジンで調べることが

できるので、現地を訪れる前にネットでの検索をオススメします。

 

■高尾山の最新情報をチェック

mttakaomagazine.com

 

f:id:ta2ni:20181022104217j:plain

台風の影響で荒れた場所もある一方で、今春リニューアルされた施設もあります。

今まで香住(かすみ)という名前だったお店が、新たに「高尾山スミカ」として

生まれ変わりました。

 

工事期間中は天狗焼はこっち、チーズタルトはあっちと忙しかったけども、

これで一つにまとまり、おまけに2階にはオシャレなカフェまでできたようです。

お土産屋さんにも可愛いデザインの小物が並び、ますます高尾山を訪れる人が

増えそうです。

 

ただ、どんどんきれいになる高尾山にちょっぴり寂しさも覚えます(´・ω・`)

f:id:ta2ni:20181022104124j:plain

ポカポカ陽気の中で食べるソフトクリームは格別のおいしさ。さあ食べようと

ベンチに腰を掛けようとした瞬間、アイスがベンチに落っこちる痛恨の一撃

ウキウキだったスラ坊も「これじゃたべられないよ~」と悲痛の表情。

 

すまんスラ坊、ごめんなさい高尾山、ウェットティッシュでベンチをきれいに

拭き上げ、落とした部分も全部食べたのでどうか御慈悲を…!

落ち着いた後、お詫びにディッピンドッツというラムネのようなアイスを

買いました。これがとても気に入ったよう。

f:id:ta2ni:20181022104238j:plain

さて、山腹でひと休憩した後は、いよいよ本格的なハイキングへ突入です。

1号路が通行止め(※迂回路あり)というのと、息子に自然たっぷりの登山道を

歩かせてあげたかったのもあり、久しぶりの4号路へ。

 

台風24号の影響は凄まじく、登山道の巨木が薙ぎ倒されていました。

もしかしたら、歩いている途中にもどこからか木が倒れてくる危険もあるので、

細心の注意を払いながら進みます。

f:id:ta2ni:20181022104258j:plain

中にはこんな風に行く手を阻む倒木も。倒木ももちろん困難な箇所なのですが、

それ以上に狭い階段での行き交いが厄介でした。やっぱり広い登山道にすれば

のびのび歩けたかもしれません。

 

階段ラッシュが終われば、山頂手前の豪華トイレに合流します。ここまでくれば

賑やかな山頂は目前です。もうひと登りだ頑張れスラ坊!

 

だっこー!

 

ぐぬぬ…( ŏ言ŏ)

 

 

大賑わいの高尾山頂、そして下山時の落とし穴

f:id:ta2ni:20181022104334j:plain

紅葉前のこの時季、空いているかな?と予想した高尾山でしたが、すっかり

高尾山ビアマウント」の期間だったことを忘れていました。今日はこの暑さだし、

さぞかしビールがうまいだろうなぁ…

 

山頂はどこも大混雑で、山頂標と写真を撮るのも大変そうです。富士山も雲に

隠れてしまっていたので、お目当てのビジターセンターへ。

f:id:ta2ni:20181022104318j:plain

こちらのビジターセンターでは、昆虫や動物、たくさんの木の実、そして自然に

ついての情報を遊びながら学べるので、スラ坊も夢中になって遊んでいました。

特にこの昆虫のパネルはずっといじくっていました。パズルが好きだからかな?

f:id:ta2ni:20181022104405j:plain

ひとしきり遊んだ後は、山頂で少しだけ紅葉していた木の下でおにぎりをば。

「おそとでたべるとおいしいよね♪」とスラ坊。大した奴だ…

f:id:ta2ni:20181022104432j:plain

下山は1号路、薬王院を通るコースが賑やかなのでオススメです。ぼくたちも

天狗さんに会いに行こう!と言って下を目指します。

f:id:ta2ni:20181022104502j:plain

見れば見るほどじわじわ来るこちらのPOP。ツッコミどころしかありませんが、

この権現力ソフトは甘酸っぱくて美味しいので好きです。

f:id:ta2ni:20181022104512j:plain

あれ!?前まで山門前にあったお店、なくなってる!今年の始めに入ろうとしたけど

閉まってて…残念です。

 

もう一つ残念なニュースといえば、11月に1号路にある「たこ杉」の樹皮が剥がされる

という被害が見つかったそうです。なっ!何をするだァーッゆるさんッ!

f:id:ta2ni:20181022104546j:plain

さて、下山のお楽しみは帰りのリフトなのですが…なんとあまりの混雑により

整理券が配布されていました。ぼくたちが来た時は40分待ちで、この後すぐに

50分待ちとなっていました。ひえええ…(;´Д`)

 

40~50分だと1号路を歩いて下山したほうが早いのですが、今回は「往復券」を

持っていたこと、子どもと一緒だったこと、そして何よりお楽しみだったので

このまま広場で待ちました。

f:id:ta2ni:20181022104613j:plain

思っていたよりもすぐに順番が来たのでひと安心。帰りのリフトもやっぱり楽しい

ようで、こりゃ次来た時ケーブルカーに乗れるかわからないぞ~(;´Д`)

f:id:ta2ni:20181022104647j:plain

無事に下山した後は、スラ坊に伝えておいた「どんぐりで遊べる所」へご案内。

それがこちらの高尾599ミュージアム。商店街の一角にあり、無料で入れる麓の

ビジターセンターです。ここのどんぐりコーナーはいいぞ。

f:id:ta2ni:20181022104630j:plain

ご覧のように、清潔感溢れる白いボックスに敷き詰められたどんぐり。これを

無造作にジャラジャラとかき回すことができるのです!ただただジャラジャラと!!

 

加えて、美味しいケーキが食べられるカフェや可愛いキャラクターグッズのある

ショップ、夏にはじゃぶじゃぶ池もあるみたいなので、今後も立ち寄りたいですね。

f:id:ta2ni:20181022104705j:plain

行きの電車で、山の中で、麓のミュージアムでと、たっぷりとハイキングを満喫

したらば、締めには駅に併設された温泉施設が待っているのも高尾山の魅力です。

 

ぎゃー!ここでもビアマウントの影響か、温泉に入場制限がかかっていました。

割とすんなり入れたので良かったですけど、恐るべし繁忙期の高尾山…

f:id:ta2ni:20181022104717j:plain

スラ坊と二人で温泉でゆったり…とはさせてもらえず、あっちへ行ったりこっちへ

行ったり。湯冷めどころの騒ぎではありません。ぼくは湯に浸かっていない時間の

ほうがきっと長かった。おのれスラ坊許すまじ。

 

温泉の後はさすがにお腹がペコペコです。施設内のレストランで名物とろろそばを。

これが疲れた体に染み渡り、気持ちはとろろのように蕩けそうです。

f:id:ta2ni:20181022104727j:plain

スラ坊は「らーめんがたべたい!」そうなので、お子さまセットを。

見た感じケロッとしていますが、やっぱり疲れているんでしょうね。いつもより

がつがつ食べていました。

f:id:ta2ni:20181022103746j:plain

欲をいえば緑色の「高尾山トレイン」を見せてあげたかったですが、帰りの

お迎えもけい太くんでした。

 

ハイキング+温泉のコンボで帰りはぐっすりコースとふんでいましたが、ラーメンを

食べたら元気が出たそうでなかなか寝ないだと…!?大した奴だ…

と思っていたら、程なくしてとろんと眠ってしまいました。おつかれスラ坊。

 

高尾山の親子ハイキング、終わりに

f:id:ta2ni:20181022103736j:plain

今回は初めて息子と二人でハイキングということでドキドキでしたが、こうして

無事に帰ること、何より楽しむことができて大満足でした。

f:id:ta2ni:20181022104024j:plain

年間およそ300万人もの登山者が訪れるという、世界一の記録を持つ高尾山。

ぼく自身何度も訪れていますが、まだまだ新しい発見や楽しみ方が尽きることは

なさそうです。今後も様々なシーンを探して高尾山ハイキングを楽しんでいきたいと

思います。

 

さあ、次はどこに行こうかなぁ。

 

 

コースタイム

2018年10月7日(日)晴れ

高尾山口駅(10:55)⇨高尾山スミカ(11:50)⇨高尾山(13:20)⇨薬王院(14:20)⇨高尾599ミュージアム(16:15)⇨京王高尾山温泉 極楽湯(16:55)⇨高尾山口駅(18:45)