ようこそ スラ男村

なまけたろうと登山ブログ

【奥多摩】御前山 沢とわさびと奥多摩湖、湖底の温泉と歴史を訪ねて

都心から手軽なアクセスで、週末ともなれば多くの登山者で賑わう奥多摩

初めて訪れた時、駅に着くなり電車からバス停まで一斉に走り抜ける登山者

たちに度肝を抜かれたことを覚えています。

 

奥多摩駅のバス停からは、人気の川苔山や急登の鷹ノ巣山方面、または

東京都最高峰の雲取山へと続く奥多摩湖方面へのバスなどが出ています。

そんな登山口までの移動手段であるバスの中で、少し変わった名前の停留所

気になっていました。

 

今回は新緑の奥多摩を舞台に、東京を潤す水源・奥多摩湖に沈んだという

温泉を探しに行った時のお話です。

f:id:ta2ni:20180523143123j:plain

 

どうも、スラ男です。

 

さて、振り返る5月の山旅は「新緑の奥多摩湖が見たい」ということで、

奥多摩湖をナイスアングルで見ることができる御前山が目的地です。

御前山といえば、今年の1月に浅間嶺を歩いた時にその存在感を際立たせて

いたので、近い内に登りたいなと考えていました。

 

そんな御前山と合わせて見たいのが、奥多摩湖です。奥多摩湖は御前山への

登山ルートの起点となっている他、湖を形成する小河内ダムとその資料館である

水と緑のふれあい館など、観光においても魅力的なスポットです。今回は

ダム見学をメインにしたかったため、奥多摩湖へ下山するルートを計画しました。

f:id:ta2ni:20180523144056j:plain

これは御前山へ続くサス沢山の展望台から見た奥多摩湖です。

この景色を下山のご褒美にしたかったというのも、今回のルート選びの

一因ですね。なんかどこかで見た景色だなぁと思ったら、去年の同じ時期に

日光の半月山から見た中禅寺湖男体山に似ています。

 

ということで、奥多摩湖へ下山するために登りは境橋バス停から続く栃寄沢から。

このルートは以前は通行止めだったようですが、奥多摩ビジターセンターのHPを

見てみると平成29年の4月4日から通行可能となっていました。

 

よっしゃー!ルートは決まったぞー!

…ん?境橋バス停って奥多摩むかし道の途中にあるんだ…なるほど。

 

■御前山 概要

 

駅から歩こう、奥多摩むかし道

f:id:ta2ni:20180523142235j:plain

JR青梅線白丸駅を過ぎると、次の奥多摩駅発のバスを逃さないために、

にわかに電車内が慌ただしくなります。新緑シーズンだからか、以前訪れた時

よりもその慌ただしさは倍の倍でした。紅葉時季はもっと凄いのかな?

f:id:ta2ni:20180523142006j:plain

目的地の御前山へ行く場合は、バスで奥多摩湖まで行けばすぐに登山口に

取りくことができますが、今回は奥多摩湖がゴール地点の計画なので前述の通り

境橋バス停が登山のスタート地点です。駅前で準備運動を済まし、さあ出発だ!

 

 

歩いて。

 

 

当初はバスで行こうと考えていましたが、駅から続く奥多摩むかし道を通って

いっても面白いのでは?ということで、駅から登山口まで徒歩で向かいます。

距離を歩くことになりますが、バスの時間と混雑を気にしない分、かえって

足取りは余裕にあふれています。

f:id:ta2ni:20180523142035j:plain

実は駅周辺を散策するのは初めてです。山行に余裕が持てればこういう風に

散策ができるんですけどね。これは奥氷川神社境内にある氷川の三本杉です。

都内最大の木で、東京都指定の天然記念物でもあるそうです。

f:id:ta2ni:20180523142108j:plain

境内から下へ続く階段を下りていくと、氷川渓谷に架かる吊り橋が見えて

きました。このまま向こう岸に渡って進むと行き過ぎてしまうので、ちょろっと

見たら引き返します。だって吊り橋があったら渡りたいじゃないですか!

f:id:ta2ni:20180523142154j:plain

来た道を戻り、氷川大橋の上から新緑の空気を思い切り吸い込みます。

う~~ん!奥多摩の木と水のにおい!好きです。

f:id:ta2ni:20180523142214j:plain

そのまま国道411号を進んでいくと、右手に奥多摩むかし道への案内板が

見えてきました。ここはかつて旧青梅街道と呼ばれていた道で、山梨との

交易路として使われていたようです。

 

現在ではむかし道として史跡や自然景観などが楽しめる、氷川から小河内まで

続く10kmほどの遊歩道として整備されています。

f:id:ta2ni:20180523142252j:plain

待ち受ける急坂に、当時の荷運びの大変さを想像しつつ歩いていきます。

f:id:ta2ni:20180523142323j:plain

むかし道の途中には廃線跡があり、この線路を辿っていくこともできますが、

ルートからは外れてしまいます。こんなところになぜ線路?と思い調べてみると、

どうやら小河内ダム建設の資材運搬に使われていた線路だったようです。

f:id:ta2ni:20180523142355j:plain

ここを貨物線が走っていたんだなぁ、なんてつい浸っちゃう風景です。

f:id:ta2ni:20180523142338j:plain

先ほどのトンネルの手前に一部崩落箇所がありました。奥多摩の登山道状況は

奥多摩ビジターセンターのHPでも確認できるので、計画時に見ておきたいですね。

f:id:ta2ni:20180523142413j:plain

f:id:ta2ni:20180523142438j:plain

車道に合流するときれいな観光用のトイレと、隣にはこれまた天然記念物の

槐木(さいかちぎ)のサイカ」がありました。ややこしい名前ですが、

槐木という地名の由縁だそうです。

f:id:ta2ni:20180523142501j:plain

これより次の橋詰までこんな車道が続きます。

やだ…スラ男くんまた車道ばっかり歩いてる…(*´・ω・)(・ω・`*)ヒソヒソ

f:id:ta2ni:20180523142516j:plain

石の道標に趣を感じ、橋詰にたどり着くとすぐ隣に国道411号が見えました。

地図上で見ると橋詰からトンネルをくぐった次のバス停が境橋ですが、

むかし道ではぐるっと迂回することになります。実はこの先に見たかった場所が

あるのです。

 

奥多摩名物・わさびが魅せる水と緑の山の色

f:id:ta2ni:20180523142541j:plain

のんびりと車道を歩きながら、山の向こうに広がる青空を見てぼくは確信します…

今日の天気は最高だ!と。

 

予報ではときどき曇りとのことでしたが、もしかしてベジータが雲を全部

吹き飛ばしてくれたりした?

f:id:ta2ni:20180523142556j:plain

滝から流れる音に涼を感じ、むかし道を歩いていきます。

f:id:ta2ni:20180523142619j:plain

境集落に入ると、もう間もなく境橋バス停なのですが…ここでちょっと

マニアックな立ち寄りスポットをご紹介します。

 

車道の下を見てみると、コンクリートの水源からドバドバと湧いている水が

段状の畑へと流れ落ちているのがわかります。水源のところまで下りていけるので

行ってみましょう。

f:id:ta2ni:20180523142634j:plain

この民家の脇にぽつんとある水源ですが、実は東京都が指定した「東京の

名湧水57選」の一つに数えられる「祥安寺の清泉」というところなのです。

 

こちらの湧水は野菜の洗浄やわさび栽培などに利用され、なんでもそのわさびは

将軍家へも献上された~なんて言い伝えもあるとか。

ちなみに飲用については自己責任です。めっちゃ美味しそうですけどね。

f:id:ta2ni:20180523142648j:plain

むかし道は右の分岐へと続き、実はこの先から見どころたくさんとなるので、

今回ぼくが歩いた区間は結構地味めな印象でした。

この分岐を左に分けると境橋ですが、その前に先ほどの湧水を見に行きます。

f:id:ta2ni:20180523142703j:plain

看板では「境の清泉」と紹介されています。奥多摩町自然文化百選というのは、

以前に海沢探勝路でも見ましたね。全部で百個、ちょっと気になります。

f:id:ta2ni:20180523142717j:plain

清らかな水を受け、斜面にびっしりとわさび田が広がっています。

奥多摩の特産品として有名なわさびですが、せっかく味わうなら栽培風景も

見たいところ。こうして実物を見られて感激です。

f:id:ta2ni:20180523142733j:plain

このわさびは…?おっとネイビーでした。

f:id:ta2ni:20180523142749j:plain

見たかったわさび田の風景も見られたので、本命の御前山登山口へと

歩いていきます。ところが、境橋バス停から続く登山口までの道のりは

またしても車道。おまけに坂道のコンボ!

f:id:ta2ni:20180523142846j:plain

バス停から20分ほど歩くと、左手側に御前山まで続く栃寄沢への分岐を発見。

この沢沿いルートは去年に通行可能となり、ちょうど前日歩いたというレポートも

ネットで見たのでこの先へと進んでいきます。

 

f:id:ta2ni:20180523142901j:plain

沢沿いと新緑というと、西丹沢の畦ヶ丸の景色を思い出します。

あそこは良かったなぁ…水も緑も眩しいほどきれいで。

f:id:ta2ni:20180523142932j:plain

西丹沢よりも少ししっとり感が強い奥多摩の沢をガシガシ歩いていくと、

木橋の右奥にまたまたわさび田が見えてきました!いいですねえ。

きっと今日食べる予定の奥多摩わさびは一味違う気がします。

食べるの初めてですけど

f:id:ta2ni:20180523142956j:plain

しっとり感が強いと気になるのが、びっしりと生えた苔。謎の魅力を放つ苔は、

かの有名リゾートも巻き込むほどのブームを引き起こしており、京都や鎌倉でも

苔寺」と呼ばれる寺社が人気の観光スポットになっています。

 

ぼくもいつか、苔と原生林の世界を堪能しに北八ヶ岳へ行ってみたい…

f:id:ta2ni:20180523143013j:plain

動いているとすぐに汗ばむ初夏において、沢沿いの山登りは涼しくて

大変気持ちがいいものです。そして何より、早朝名物、鳥の大合唱が楽しい(笑)

f:id:ta2ni:20180523143031j:plain

f:id:ta2ni:20180523143046j:plain

奥多摩・御岳山のロックガーデンとも言えるような風景を楽しみながら歩いて

いると、登山道下からゴウゴウと激しい水音が聞こえてきました。巨岩と洞窟…?

f:id:ta2ni:20180523143101j:plain

下りる道があったので近づいてみると、巨岩の奥に滝が見えました。

どうやらここは栃寄大滝という場所のようです。水しぶきがクーラー代わりで

涼しい~(*´ω`*)

f:id:ta2ni:20180523143155j:plain

どこまでも眩しい新緑の道…を想像していましたが、眩しい場所もあれば、

暗くジメッとした場所もあり、楽しい道中でした。

f:id:ta2ni:20180523143215j:plain

崩落のために「ゴハンギョウの滝」への立入りは禁止されていました。

しかし、先程の大滝に圧倒され滝はお腹いっぱい。この先の休憩所を目指します。

f:id:ta2ni:20180523143302j:plain

階段を登った先、林道と合流すればトチノキ広場という休憩所です。

これより先は、無数に広がる栃寄森の家の体験学習コースと登山道が

入り乱れますので、地図と随所に設置されている案内を見ながら登っていきます。

 

■たくさんのコースが楽しめる体験の森

www.tomin-no-mori.jp

f:id:ta2ni:20180523143317j:plain

ここでおにぎり休憩をとり、気持ち良い初夏の風を体いっぱいで感じます。

たろうたちも気持ち良さそう。休憩後はいよいよ御前山を目指してGO!

 

新しい山頂標を待つ御前山と、新緑の大ブナ尾根

f:id:ta2ni:20180523143950j:plain

御前山は奥多摩湖からアクセスすれば、延々と登りが続く大ブナ尾根が

待ち構えています。春のカタクリ、新緑や紅葉も楽しめる尾根道だそうですが、

今回は下りで歩くことになりました。

f:id:ta2ni:20180523143350j:plain

そんな景色を楽しみに、トチノキ広場から体験の森を歩いていきます。

体験の森内には様々なコースが設定されていますが、御前山まで直接続いて

いるのは道標に「登山道」と記されたコースです。

f:id:ta2ni:20180523143404j:plain

林道に出たり入ったり、「~の広場、道」との分岐が多かったりとなかなかに

複雑ですが、親切なことに道標には現在地とコース案内が設置されているので

助かります。登りがじわじわと続く登山道ですので、ここカラマツの広場に

少し寄り道し呼吸を整えます。

f:id:ta2ni:20180523143420j:plain

湧水の広場までくれば山頂まであと30分くらい。湧水を期待しましたが、

それらしいものは見当たりませんでした(;´Д`)

f:id:ta2ni:20180523143451j:plain

広場を出た後の道中では、御岳山・大岳山方面が開けます。特徴的な山容の

大岳山がすぐに分かるのですが、それよりも急に曇っちゃって天気は

どうなっちゃうの?

f:id:ta2ni:20180523143505j:plain

今まで森の中だったから気づかなかったけど、早朝の青空はどこへやら。

若干の不安を抱えつつも御前山避難小屋に到着です。ここから山頂までひと登り…

なのですが、ふとももにスパルタな階段上りが直後に待ち構えていました。

f:id:ta2ni:20180523143520j:plain

階段手前の分岐点が非常に複雑で、下りてくる人に避難小屋への道を

聞かれました。そのおじさんも「この階段はキツいねえ」と苦笑い。

f:id:ta2ni:20180523143534j:plain

階段を制し、やっと御前山に到達です。御前山は三頭山、大岳山と並び

奥多摩三山の一つに数えられるので、これで三山全ての山頂標を見ることが

できました。

f:id:ta2ni:20180523143608j:plain

それがこのダグトリオのような山頂標ですが、どうやらこのタイミングで

見ることができてラッキーだったかもしれません。

f:id:ta2ni:20180523143623j:plain

というのも、山頂標の隣にはポッカリと大きな穴が空いており、Twitter

近々に訪れた方の情報を見ると新しい山頂標ができたみたいです。

雲取山鷹ノ巣山と同様の、御影石の山頂標でした。

 

 

…なんだろう、この山頂標のデザインが割と好きだったからか少し寂しい気も

します。大岳山なんかは濃霧に覆われた山頂だったので、もっとちゃんと

この山頂標を見たかったなあ。今度は晴れた日に新しい山頂標を見に行こう。

f:id:ta2ni:20180523143709j:plain

曇り関係なしに御前山は展望に自信ありというわけではないので、山頂を

後にして下山開始です。よく整備された登山道は、春にはカタクリで賑わうそう

ですが、時季も終わった5月中旬頃では静かなものでした。

f:id:ta2ni:20180523143735j:plain

山頂から下った先にある展望台からは富士山や雲取山方面の眺めがいいのですが、

青空はどこへやら、急な曇天により富士山は見えず。

ですが去年歩いた雲取山へ至る石尾根縦走路はしっかりと見えました。

ここはまた時間に余裕を持った計画で歩きたいところです。

f:id:ta2ni:20180523143750j:plain

御前山からスイスイ下っていくと、休憩に適した広場のような山頂の惣岳山

着きます。大ブナ尾根から登ってくる人の多くが疲労たっぷりの表情をしています。

今回は下りでしたが、確かに登りとなると…(;´Д`)

f:id:ta2ni:20180523143841j:plain

惣岳山より先は、瑞々しいブナに包まれた尾根の下りが延々と続きます。

上にはブナ林、下にはバイケイソウが道々を緑色に染めており、緑の中に

飛び込むような感覚で下っていくのが正直楽しい。

f:id:ta2ni:20180523143859j:plain

度々振り返っては登ってきた場合の景色を確かめます。眺めは気持ちいいけど、

登り一辺倒で傾斜も急だし、これはタフな登りになりそうだぞ(; ・`ω・´)

f:id:ta2ni:20180523143915j:plain

尾根上にず~っと続くブナですが、秋にはこれが紅葉するってことですよね。

奥多摩湖の紅葉景色も見られるし、御前山の紅葉登山も良さそうです。

f:id:ta2ni:20180523144008j:plain

ブナを見上げては下りて、見上げては下りての繰り返し。惣岳山から下り始めて

30分ほどで、この大ブナ尾根の美景も見納めとなります。

f:id:ta2ni:20180523144024j:plain

乾いた土色の登山道になれば、奥多摩湖の展望が待つサス沢山までもうじきです。

f:id:ta2ni:20180523144111j:plain

サス沢山に到着~!そして、お待ちかねの奥多摩湖です!

f:id:ta2ni:20180523144145j:plain

大事に大事に温めてきた奥多摩湖の風景、感無量とはこのことです。

ここで午後から晴れるという予報に期待し、ベンチで30分ほど休憩を

とりましたが…結局、雲が取れずにちょっと渋めな風景になってしまいました。

 

 

よっしゃ、展望も堪能したし、いよいよゴールの奥多摩湖に向けて下山です。

 

湖底の温泉とダム見学、水と緑のふれあい館へ

f:id:ta2ni:20180523135659j:plain

奥多摩には変わった名前のバス停留所があります、と冒頭で触れました。

それは熱海(あたみ)、湯場(ゆば)、女の湯(めのゆ)といった、温泉を

彷彿させる地名です。しかし、特に温泉街でもなさそうだし、なんで

そんな名前なんだろ?と思っていましたが、調べてみるとこの近辺はかつて

温泉街だったというのです。その温泉街はダム建設により湖底に沈み、現在では

停留所にその面影を残しているのだそう。

 

気になってのでさらに調べてみると、湖底に沈んだ温泉をポンプにより組み上げて

旅館に配湯し、その温泉を楽しめる場所があることがわかりました。

奥多摩登山で人気のもえぎの湯は混雑必至とのことで、じゃあ温泉をどこに

しようか迷っていた時に知った、幻の温泉とも言われるこの鶴の湯温泉

その歴史を知るためには、まずはダム建設の歴史を学びに水と緑のふれあい館

向かいます。

 

『遠回りこそが俺の最短の道だった』ですよね、ありがとうジャイロ。

 

奥多摩湖鶴の湯温泉

asacoco.jp

f:id:ta2ni:20180523144041j:plain

ところで、サス沢山で休んでいると、他の登山者たちが写真を見て盛り上がって

いました。おばちゃんが撮った花の写真を見ておじさんが「これはユウレイタケ

だよ」と、気になる一言。

 

まさかそれって、ギンリョウソウ!?ぼくが見たかったやつです。

というのも、ネットで見た前日の山行記録にギンリョウソウの写真があったので、

もしかしたら見られるかな~と密かに楽しみにしていたのです。

だって見たことないんだもん(`;ω;´)

f:id:ta2ni:20180523144159j:plain

そしてサス沢山からの斜面を下っていくと、道端で白くうなだれた何か

発見します。は!これだギンリョウソウ!

f:id:ta2ni:20180523144215j:plain

ギンリョウソウ(銀竜草)、なんとも格好いい名前の花ですが、半透明で

不気味な見た目から別名「ユウレイタケ」とも言うらしいです。

暗くジメジメした場所に生えるので、まさしく幽霊を彷彿させる花ですね。

f:id:ta2ni:20180523144230j:plain

ぐんぐん下っていくと、いよいよ奥多摩湖が間近に迫ってきました。

このサス沢山からの登山道ですが、下りで使うには滑落の危険箇所もあり、

逆に登りで使うにはかなりタフなルートですね…(;´Д`)ゼーゼー

f:id:ta2ni:20180523135548j:plain

あーーー!!!これは三頭山に登った時に渡ったドラム缶橋!!

奥多摩湖に間近に迫ることができるドラム缶橋(麦山浮橋)の、かつての姿が

展示されていました。

f:id:ta2ni:20180523135605j:plain

この奥多摩湖を形成する小河内ダムには写真右奥の展望塔があり、そこからダムを

俯瞰できます。春の丹沢湖に続き、ぼくの中でダム熱が止まりません。

f:id:ta2ni:20180523135642j:plain

施設内では奥多摩エリアの俯瞰図やダムの歴史などが見られるほか、窓から

迫力あるダムの姿を見ることができます。放流してる風景も見てみたいなぁ~。

f:id:ta2ni:20180523135731j:plain

展望塔からぐるりと周って、奥多摩湖と背後に先ほどまでいた御前山。

ちょうどお昼時ということもあってか、奥多摩湖は観光客で賑わっていました。

f:id:ta2ni:20180523135747j:plain

さて、お楽しみの水と緑のふれあい館です。ダムの歴史はもちろん、奥多摩

山々と水の密接な関係、保全のための取り組みなどについても勉強のできる

いい施設です。何より、無料でこれだけ楽しめるというのが素晴らしい。

f:id:ta2ni:20180523135809j:plain

館内に入ると、わさびがいました。彼の名はわさぴー。プロフィールによれば、

奥多摩の清流に住んでおり、心がきれいな人は会えるかも…とのこと。よし、

ぼくは心がきれいだと証明されました。

 

さて、ダムの勉強の前に、腹が減ってはなんとやら。この施設にはレストランも

併設されており、そこではなんと奥多摩ヤマメのフライが食べられるとか。

そう、これを楽しみに来たのです。

f:id:ta2ni:20180523135839j:plain

ここにはダムカレーもあり非常に迷いましたが…どうしてもぼくはこの

奥多摩ヤマメのフライがメインの奥多摩山水定食が食べたかったんです!!

 

というのも、漫画『山と食欲と私』にて主人公の鮎美ちゃんが食べてるのを

見て気になっていたからです。あの雲取山下山後のお話はすごく好きなお話の

一つです。おばあちゃんいい味ですぎ。

f:id:ta2ni:20180523135854j:plain

特製のスパイスで味付けされたという、この奥多摩ヤマメのフライ…

そういえばヤマメのフライって食べるの初めてです。まずは何もつけずに

サクッと一口、これは…鮭によく似ています。美味しい。

 

次にタルタルをつけてまた一口。うん、美味い…ご飯にもよく合います。

葉わさびを少々、こんにゃくとごぼうもいいお味、そして山菜。味噌汁を

すすってひと息。

 

美味しい…!

 

f:id:ta2ni:20180523141603j:plain

大大大満足の昼食後は、お土産屋さんで地のものを探します。奥多摩名物の

わさび漬けをお土産にし、後日そばと一緒に食べたり何だりで至福のひと時…

f:id:ta2ni:20180523141645j:plain

今度は家族で訪れたいですね。シアターやクイズ、動く展示なども子ども心を

くすぐりそうで、中でもこれ!

f:id:ta2ni:20180523141703j:plain

 

これめっちゃ飛び込みたかったです。

 

でも周りに誰もいないし、靴を脱ぐのもちょっと手間だったのでやめました。

子どもと一緒に来ていたら絶対飛び込んでましたね(; ・`ω・´)

f:id:ta2ni:20180523141630j:plain

そしてこれが鶴の湯温泉の歴史。奥多摩湖畔には温泉神社鶴の湯温泉

源泉もあるようですが、ここからちょっと離れた場所だったので行けずでした。

 

ここでの勉強を経て、東京都の水源、観光地としてだけでなく、また違った

視点で奥多摩湖を見ることができたような気がします。

f:id:ta2ni:20180523141718j:plain

水と緑のふれあい館での勉強の後は、駅までのバスに乗り込んで締めの温泉です。

館内では忘れずにダムカードをもらっておくとお土産が一つ増えます。

f:id:ta2ni:20180523141847j:plain

駅から歩いてすぐのところに、日帰り温泉を利用できる旅館がいくつかあります。

その中の一つ、ここ玉翠荘さんに配湯されている鶴の湯温泉で今日一日の汗を

流しましょう。

f:id:ta2ni:20180523141902j:plain

こじんまりとした温泉ではありますが、タイミングよく温泉を独り占め。

そして何より鶴の湯温泉の歴史を学んできたことにより、そのお湯は格別な

ものとなりました。あ゛あ゛あ゛~~~( *´Д`)

 

設備の整った温泉ももちろんいいですが、一つの湯船にじっくり浸かっていたい

ぼく好みのいいお湯でした。旅館の方も鶴の湯温泉について教えてくださり、

やはり泉質は素晴らしいものだそうです。

f:id:ta2ni:20180523141833j:plain

いいお湯の後は、電車の時間までまだあったし、近くにある奥多摩ビジター

センターを見てみます。なんだか今日は勉強多めの山旅です(笑)

f:id:ta2ni:20180523141933j:plain

人気の登山エリアとして有名な奥多摩ですから、親切丁寧な情報がたっぷり。

ぜひ登山のために立ち寄りたいところです。あの道標のストラップとかあったら

可愛いのになぁ、と思うのはぼくだけでしょうか?

f:id:ta2ni:20180523141917j:plain

 

こ、これは!!?

 

いつかTwitterで見た、三角点カードじゃありませんか!雲取山のほか、

いくつかの三角点カードが無料でいただけるというので、戦利品がまた増えて

しまいました(笑)

こうなったら秩父エリアの橋カードも集めるしかないな!

f:id:ta2ni:20180523141950j:plain

時間いっぱいまで楽しんだビジターセンターを後にし、奥多摩駅から

ホリデー快速に乗り込もうとしますが…なんとこの日は学生たちによる

山岳関係の大会があったらしく、車内はゴッツゴツのザックを抱えた学生だらけ

でした(;´Д`)

 

あんなにドでかいザックを背負ってどれだけ歩くのだろう…同じ山にいても

全く異なる世界観に驚きながら、端っこの方が空いていたのでそこに座り

今日一日を思い返しました。

 

御前山の山旅、終わりに

f:id:ta2ni:20180523141817j:plain

奥多摩駅周辺を散策するという、ある意味貴重な体験から始まり、わさび田や

清流の風景、奥多摩湖と温泉の歴史、そして美味しかったヤマメ定食。

御前山はまた違ったルートでも登れるので、またぜひぜひ訪れたいと思える

山行になりました。

f:id:ta2ni:20180523143639j:plain

山頂標が新しくなることを知ったのも大きな収穫です。大岳山や三頭山にも

また行きたいな。そろそろ人気の川苔山にも行きたいけど…

 

次はどこに行こうかなぁ。

 

コースタイム

2018年5月12日(土)曇のち晴

奥多摩駅(7:20)⇨境橋バス停(8:30)⇨トチノキ広場(9:30)⇨御前山(10:40)⇨サス沢山(11:40)⇨奥多摩湖(12:30)⇨奥多摩駅・玉翠荘(14:25)