ようこそ スラ男村

なまけたろうと登山ブログ

【西丹沢】ミツバ岳 ミツマタと桜、春の丹沢湖を訪ねて

4月に入ってから暖かい日が続き、なんと今年は上旬なのに芝桜、ネモフィラ、藤といった例年ならばゴールデンウィークに見頃を迎える花々が、既に咲き始めているってんだから驚いてしまう。言われてみればソメイヨシノなんかあっという間に散ってしまったもんな…

この花期のズレが休みとうまく合えばよかったんだけど、残念ながら今年はダメそうです。その代り早くも新緑が賑わっているので、花を諦めそちらに焦点を当てていきたいところですな。

さて、今回の舞台は登山としては久しぶりの西丹沢です。新松田駅にはこないだ河津桜を見に行ったばかりですが、今回の目的はミツマタ。ひと目見て可愛いと思った黄色いホワホワに出会いに行った時のお話です。

f:id:ta2ni:20180406144942j:plain

 

どうも、スラ男です。

神奈川の秘境」とも呼ばれる西丹沢エリアには、過去、紅葉と新緑の時季に訪れており、その緑と水のきれいさからお気に入りのエリアです。しかし、緑が芽吹く前、春の西丹沢を賑わわせる可愛い花があるってんだから気になっちゃいますよね。

その花の名前はミツマタミツマタと聞くとトライデントを連想する俺ですが、そんな物騒なものではなく、ジンチョウゲ科の黄色いホワホワした花だそう。どっかで見たなと思ったら、そうだ、檜洞丸で咲いているとかってネットで見た。

当初は檜洞丸行ってみる?とも思っていましたが、調べていくうちに興味深い山の名前にたどり着きました。ミツマタの群落が見事だという、「ミツバ岳」なんて山がここ西丹沢にあるとのこと。ミツマタの咲くミツバ岳…??花の名前と酷似した山…私気になります!

 

■ミツバ岳 概要

 

目指すミツバ岳、まずは丹沢湖畔ウォーク

f:id:ta2ni:20180406143734j:plain

ミツマタは3月下旬から4月上旬に咲くそうなので、一月待たずにまたまたやってきました新松田駅!新松田から西丹沢エリアに行くにはバスが便利ですが、若干の交通費節約になるので、本日はJR松田駅から御殿場線谷峨駅まで向かいます。

f:id:ta2ni:20180406143749j:plain

御殿場線ではSuicaなどICカードの類が使えないので、時間ギリの人はきっぷを買う時間も考慮するといいかもしれません。

f:id:ta2ni:20180406143807j:plain

駅のホームから見えるのは、3月頭に訪れた松田山ハーブガーデンの建物。山の斜面一面ピンクだったのに、もう真緑。季節がすぎるのは早いもんですなぁ。

f:id:ta2ni:20180406143823j:plain

今日のオトモはピンクのたろう。花の時季だし、桜っぽさ欲しいじゃないですか。

f:id:ta2ni:20180406143842j:plain

谷峨駅からは、先ほど新松田駅を発車したバスを迎え撃って登山口まで行きますよ。なんだ、それじゃあ新松田の始発に乗ったほうが座れるしいいじゃない。

 

ごもっともです。

 

ほんのちょっとの節約になるんですけど、花が見頃の西丹沢はいかんせん混むので、新松田始発のほうがよかったかも(;´Д`)

f:id:ta2ni:20180406143857j:plain

ミツバ岳へ向かう場合は、丹沢湖バス停の次、浅瀬入口が最寄りとなります。ここから登山口までは丹沢湖に沿って40分くらいの舗装路歩きとなりますが、ミツマタのシーズンだからですかね、十数名の乗客がバスを降りていきました。

f:id:ta2ni:20180406143917j:plain

長~いトンネルを抜けると、湖の先に富士山が頭を出しています。天気は申し分ないですね。ミツバ岳は山頂から富士山が見えるとのことなので、これは期待できます。

f:id:ta2ni:20180406144024j:plain

舗装路は退屈かもしれませんが、この時季は満開の桜が道路を彩るのでバッチリ。そう、ミツマタを楽しむ場合は桜も一緒に楽しめちゃうんです。

f:id:ta2ni:20180406144054j:plain

f:id:ta2ni:20180406144039j:plain

おいピンク、ずいぶん歩いてきた気がするけど、あとどのくらいだい?現在地は寺沢橋らへんなので、もうすぐですね。

f:id:ta2ni:20180406144108j:plain

ほどなくして道路右側に見えたのが、ミツバ岳への登山口です。地味なのでうっかり見落とさないように注意が必要です。

f:id:ta2ni:20180406144124j:plain

さてこのミツバ岳、実は地権者がいる山とのことで、地権者のご厚意で開放されているらしいのです。「ニシタンだより」の過去記事を抜粋したヤマレコには、下記のように書いてありました。

■神奈川県松田警察署山岳救助隊
西丹沢登山情報「ニシタンだより」平成22年(2010年)3月1日号より抜粋

ミツバ岳について
近年、三椏の群落が有名となり、各方面において登山ルートとして紹介されている山ですが、正しい山名を知る登山者は少なく、市販の登山図に記載された「ミツバ岳」という誤称が一人歩きをしています。
 皆さんが「ミツバ岳」と呼んでいる山の名は、正しくは「大出山(おおだやま)」と呼びます。
 地権者のいる山であり、三椏は、地権者の先祖が昭和初頭に小田原の造幣局に対して紙幣原料として供出するために植栽したものです。現在では三椏の利用価値も無くなり、伐採されることもなくなったことから、立派に成長して花を見事に咲かせて登山者の目を楽しませているのです。
 地権者の厚意によって入山規制はされていませんが、遭難を多発させたり、勝手に目印を付けてみたり、三椏等の植栽物を許可無く採取すると、入山規制される可能性は十分あるのです。

 引用元:ミツバ岳(大出山・大嵐山) | 山の最新情報、登山情報 - ヤマレコ

ただ、今現在「ニシタンだより」から該当の記事があった日付は見ることができないのでソースがはっきりしませんが…何にせよ、「ミツマタのミツバ岳」は覚えやすすぎますよね。

f:id:ta2ni:20180406144140j:plain

そんなミツバ岳へいよいよ入っていくわけですが、いきなり急登の連続となりますのでご注意を。

f:id:ta2ni:20180406144155j:plain

加えて道幅は狭く、よく滑る乾いた土が登山者の足下を脅かします。

f:id:ta2ni:20180406144221j:plain

そんな時はゆっくり登るに限ります。土気色の登山道をさり気なく彩るスミレがいい感じ。

f:id:ta2ni:20180406144309j:plain

団体さんも多く見かけましたが、このジグザグの急登に息を切らしていました。ミツマタという楽しみがあるからいいけど、この先何もなかったらしんどいよな…

f:id:ta2ni:20180406144323j:plain

f:id:ta2ni:20180406144338j:plain

急登をこなした先でミツバ岳の道標を見つけました。それより先はなだらかな九十九折の道となり、斜面に黄色いホワホワが現れはじめます。お!これがミツマタだ!

f:id:ta2ni:20180406144354j:plain

「やっと出てきはじめましたね」と後ろを歩いていたおじさんもミツマタの写真を撮っています。初めて見るけど、可愛い花ですね~(*´ω`*)

f:id:ta2ni:20180406144408j:plain

タンポポの綿毛?いや、線香花火みたい?ちなみに、枝が三つに分かれるからミツマタと言うそうです。あ、本当だ。

f:id:ta2ni:20180406144534j:plain

光が当たっているとなお黄色が際立つミツマタ。ほんのりと甘い香りも漂うので、顔を近づけてみたり。これで花粉症が悪化しないといいけど(;´Д`)という思いは若干ありますが(笑)

f:id:ta2ni:20180406144550j:plain

f:id:ta2ni:20180406144606j:plain

たろうにもピッタリサイズです。アフロも似合うじゃん。

f:id:ta2ni:20180406144442j:plain

しばしミツマタの群生を楽しみ、ゆっくりと時間をかけて九十九折の登山道を登っていきます。

f:id:ta2ni:20180406144639j:plain

眼下に先ほど歩いていた丹沢湖が見えてきました。短時間でこんなに登ってきたんですね。

f:id:ta2ni:20180406144654j:plain

ミツマタ群生地を抜けると、色味の少ない乾いた風景になりました。下山している人も多く、ミツバ岳の登山口には駐車場もあるのでマイカー利用者と思われます。いいなぁボソッ

f:id:ta2ni:20180406144717j:plain

ひと登りすると道は平坦になり、向かう先に一面が黄色い空間が待ち構えていました。あれか!山頂のミツマタ大群落っていうのは!(; ・`д・´)

 

ミツマタが囲むミツバ岳山頂、富士山に春の彩りを

f:id:ta2ni:20180406144957j:plain

ミツバ岳の山頂からは、富士山とセットでミツマタが見られるというので楽しみにしていました。そんな絶好のスポットを探して、ミツマタの群生地へ行ってみましょう!

f:id:ta2ni:20180406144732j:plain

黄色い空間に一歩足を踏み入れると、もう辺り一面ぜ~~~んぶミツマタ!なんでしょうね、ボールに囲まれたビグ・ザム目線とでもいいますか、玉っころがそこかしこにホワホワと咲いています。

f:id:ta2ni:20180406144747j:plain

ミツマタは大体が目線の位置で咲いているので、低い位置から見上げるように見てみると、晴れ空がよく似合いますね。四阿屋山のロウバイも青空によく合ってたっけな。

f:id:ta2ni:20180406144819j:plain

f:id:ta2ni:20180406144854j:plain

富士山はどこからかな~と探していると、まずは丹沢湖方面が開けてきましたよ。

f:id:ta2ni:20180406144910j:plain

お次は山頂標で記念パシャリ。端っこに誰かが乗っけたのかな?お花のデコレーションも。

f:id:ta2ni:20180406145015j:plain

富士山は山頂の西側にあるので、歩いていくと…おおっ!!

f:id:ta2ni:20180406144942j:plain

 

これは見事な景色(*´ω`*)

 

ミツバ岳を訪れたらぜひとも外せない一枚ですね。3月下旬の降雪もあったので、富士山が白多めなのもまたグッドです。

f:id:ta2ni:20180406145105j:plain

富士山を眺めながらちょっと早めのお昼休憩にしましょうかね。おにぎりをサッと食べて終わりのスラ男、まだまだ山飯の世界には程遠い…

f:id:ta2ni:20180406145029j:plain

ありがとうミツマタ、ありがとう富士山!

f:id:ta2ni:20180406145046j:plain

誰もいない方を撮ったんですが、実際は結構な人が休憩していました。

このミツバ岳ですが、山頂からの分岐はなく通過点なため、ミツマタ目当ての登山者はピストンコースか、或いは権現山を経て浅瀬入口へと下山するのが一般的のようです。手持ちの地図によると、そもそもミツバ岳へは破線ルートで、さらにその先は「道不明瞭」のルートとなるので、気をつけて行かなければ!

 

道なき道を行く破線ルート、二本杉峠からどこへ行く?

f:id:ta2ni:20180406145120j:plain

ミツバ岳山頂を後にし、もうちょっとだけミツマタを見たかったなぁなんて人はご安心ください。ミツマタ、この先も咲いてますよ!

確かに序盤は倒木や落ちている枝のせいで道跡が埋もれている場所がありましたが、徐々に歩きやすい道へと続いています。

f:id:ta2ni:20180406145135j:plain

ミツマタと別れる決意をしたのも束の間、すぐにミツマタと再開しました(笑)

f:id:ta2ni:20180406145149j:plain

f:id:ta2ni:20180406145203j:plain

ミツバ岳の山頂とは違い、こちらのミツマタは斜面を埋め尽くす感じで群生しています。すれ違う登山者もちらほらといたのでちょっと安心しました。やっぱり誰もいないってだけで怖さが違いますからね。

f:id:ta2ni:20180406145234j:plain

個人的に「道不明瞭」よりも厄介だったのが、このえげつない登り。ミツマタ群生地を抜けた後は、権現山まで延々とこの登りが続いていくのです。ぐあああ!(;´Д`)

f:id:ta2ni:20180406145325j:plain

この時季だけの特典として、枯れ木の隙間から見える富士山に応援してもらいながら坂を登っていきます。すると、開けた場所にテーブルが二個と休憩している登山者たちが見えてきました。ここが権現山かな?

f:id:ta2ni:20180406145341j:plain

いえいえ、開けた場所から少し進んだ先、山頂標のあるこちらが権現山の山頂です。

f:id:ta2ni:20180406145357j:plain

西丹沢エリアには権現山という名前の山が多いらしく、地名を加えて世附権現山なんて呼ばれているそうです。ちなみに世附(よづく)は釣りが人気のようです。

f:id:ta2ni:20180406145414j:plain

さて…権現山から浅瀬入口を目指す場合はそのまま山頂の先へ進んでいけばいいのですが、俺は先ほどの広場まで戻り二本杉峠を目指していきます。

f:id:ta2ni:20180406145435j:plain

木々の切れ間から見えた富士山、富士山って本当に凄いですよね、見るだけでギュッと気が引き締まる。

f:id:ta2ni:20180406145449j:plain

f:id:ta2ni:20180406145505j:plain

地図によると、権現山から二本杉峠までの道は通常ルートに設定されているんですけど…

 

もんのすげえ急降下。これ登りは地獄…(;´Д`)

 

えげつない降下具合に、前を行くお二方も困惑しながら下っていましたが、なんと登ってくるタフなパーティも見かけました!ひえ~、俺はここを登りで使うのは嫌だなぁ…

f:id:ta2ni:20180406145532j:plain

下りきった先で大きな崩落地に直面し、これまた肝を冷やします。しかしこの崩落地からの展望は素晴らしく、西丹沢の山々を見渡すことができます。

f:id:ta2ni:20180406145547j:plain

右側に飛び出た同角の頭は、過去に紅葉のシーズンにユーシン渓谷と合わせて登りました。鎖、ハシゴ、キレット、巨岩と冒険感たっぷりのタフなコースでしたが、また登りたい山でもあります。そして真ん中に檜洞丸を盟主とした西丹沢の主峰群が望めます。

f:id:ta2ni:20180406145631j:plain

恐る恐る崩落地を通り越し、向かいから来る家族パーティのお父さんとちょっとお話を。お父さんいわく、前を歩いていた人たちはこの先の屏風岩山、大滝峠上まで進み、大滝橋へ下りていくそうです。大滝峠上といえば、以前に畦ヶ丸に登った時に利用した下山路ですね…

しかし、今回はとある目的のために屏風岩山方面へも、道標の細川橋方面へも行きません。

f:id:ta2ni:20180406145645j:plain

アップダウンを繰り返し、二つのテーブルがある二本杉峠へ到達です。ここからの下山ルートは、先ほどの屏風岩山方面へ進み大滝橋まで下りるルートか、ここから細川橋まで下りるのが一般的とのことです。

本当言うと破線ルートばかりを歩いてきたので、こっから細川橋に下りて安心したいところだったのですが、素直にその選択ができなかったのには帰りのバスの時間という問題がありました。

現時刻は10時50分。今からバスを待っても次に来るのは14時50分前後と、下山目安時間の50分を加えたとしても3時間放置プレイはなかなかにヘビーだ。おまけに細川橋バス停は時間を潰せそうなぶなの湯と丹沢湖のちょうど中間あたり。うーむ。

f:id:ta2ni:20180406145707j:plain

しかし、山と高原地図には二本杉峠から伸びる線がもう一本ある。それが千鳥橋へのルートだ。ネットで拾った情報では、その先の林道にある大又沢ダムが玄倉に見劣りしないほどきれいな水を湛えているというので、ぜひぜひ見てみたいと思った次第だが、この千鳥橋へ向かうルートは破線に加え「初心者通行禁止」ともある。一体どんなルートなんだ!?と思って事前に調べてみると、このルートは「大杉歩道」というほとんど廃道のようなルートだった!(; ・`д・´)

f:id:ta2ni:20180406145725j:plain

二本杉峠の道標の真後ろを注意深く見てみると、木に「↑ちどり」とマーキングされているので、大杉歩道はこの先へと進んでいけばいいんだけど…大量の枝に埋もれた微かな道を歩いていかなきゃなんないのか(;´Д`)ゲッソリ

f:id:ta2ni:20180406145741j:plain

f:id:ta2ni:20180406145758j:plain

バキバキッと枝を踏む音が響く中、俺はテープを頼りに道なき道を進んでいく。といっても思ってたよりも道っぽくはあるので、ちょっと安心…ただ、踏まれてないから土が脆く、一瞬たりとも気が抜けません。

f:id:ta2ni:20180406145849j:plain

「結構歩きやすいかも」なんて思ってきた時が危険信号です。間違いなくテープを見失うでしょう。このルートでは枯れ沢を数度渡りますが、渡る際も見失いの危険大です。実際、俺も対岸へ渡る際にテープを見失っています。そんな時は慌てずに、元の位置に戻り対岸をじ~っと見つめて、テープを見つけたらそこへ取り付きます。

f:id:ta2ni:20180406145906j:plain

テープがある場所の対岸に必ずテープがあるので、よく見てから動くのが吉です。なんか隠れてる動物を探す画像のやつみたい。

f:id:ta2ni:20180406145953j:plain

なお、この大杉歩道はず~っと右岸をトラバース気味に歩くことになるので、間違いなく初心者、下調べ不足の方は通行しないほうがいいですね。俺も二度と歩きたくありません(真顔)

f:id:ta2ni:20180406150012j:plain

 

テープがある場所の対岸に必ずテープはあるぞ

 

この時の俺に聞かせてやりたいアドバイスです。千鳥橋を目前にして、対岸のテープが探しだせず、木の白いマーキングに惑わされて沢へ進んでしまいました。しばらくして異変に気づき、元いた位置に戻りもう一度テープを探すと…

f:id:ta2ni:20180406150048j:plain

 

あ、あったーー!!!。゚(゚´Д`゚)゚。

 

f:id:ta2ni:20180406150029j:plain

あのまま間違って沢に進んでいたら…沢登りのメッカでもある西丹沢ですが、さすがに今の時季は登っている人は絶無でしょう。俺も遭難していたに違いありません。やはりこの道は二度と歩くまい、心にそう誓いました(´・ω・`)

 

きらめく大又沢ダム、滝と桜、ただいまミツバ岳

f:id:ta2ni:20180406150103j:plain

対岸のテープを見つけた先に、ネットで見たあかまつ採種園を確認し、この先に千鳥橋を確信しました。ここまで一時間弱ほどでしたが、生きた心地がしない道程となりました…

f:id:ta2ni:20180406150123j:plain

f:id:ta2ni:20180406150143j:plain

林道に合流した先が千鳥橋になります。ここは猟区だったのですね、野生動物に遭わなくて本当に良かったと思います。道迷いももちろん恐怖ですが、ここ丹沢山塊では近年クマの目撃情報も相次いでいるので恐怖は2倍以上でした。

f:id:ta2ni:20180406150157j:plain

f:id:ta2ni:20180406150212j:plain

西丹沢の清冽な流れを見ながら、気を抜かずに林道を歩いていきます。この林道がね、本ッッッ当に長くて…失敗だったかなぁこのルート(´;ω;`)

f:id:ta2ni:20180406150226j:plain

とぼとぼと歩いていると、何やら浜辺のような砂地が見えてきたので、パッと前向きになります。ダムだぁぁぁ!!!

f:id:ta2ni:20180406150246j:plain

f:id:ta2ni:20180406150320j:plain

あ…あれ??確かにきれいだけど……

 

もしかして水量少ない?

 

f:id:ta2ni:20180413023751j:plain

画像のレタッチにより、ネットで見たやつと違う(´・ω・`)というのはよくあることですが…これは明らかに水量不足のせいで青の深みが弱すぎます。ユーシンブルーを見た時も、おばさんが「ちょっと水が足りない」なんて言っていたのを思い出し、もしかして俺って西丹沢と相性悪いの?とすら思ってしまう。

f:id:ta2ni:20180413024355j:plain

きれいはきれいなんだけど…あの廃道を通ってまで見たいという期待が大きかった分、ちょっとだけ残念な気持ちが勝ってしまいました。でも落ち込むのはまだ早い!この後にも楽しみはあるさ!

f:id:ta2ni:20180413024703j:plain

林道の脇に咲きていたミツマタに思わずニッコリしてしまう。そうだ、今日はミツマタを見に来たんだった。満点のミツマタが見られたんだから、あとはもうオマケでいいじゃないか。

f:id:ta2ni:20180413024733j:plain

林道の途中にある笹子の滝はちょっと見てしまう滝だ。二段の滝が大又沢に流れ込み、その流れが世附川と合流して丹沢湖へとたどり着く。良いですね、水の道をたどるというのも。

f:id:ta2ni:20180413024748j:plain

この山から湧き出る小さな水も、やがては大きな川へと流れ着く。

f:id:ta2ni:20180413024803j:plain

流れ着いた先で、小さな水はこんなに美しい水へと成長する…やっぱいいなぁ~~丹沢の水!!

f:id:ta2ni:20180413024818j:plain

などと、林道歩きに飽きては水風景に浸ってごまかし、ようやっと俺も林道の終点、浅瀬橋へとたどり着いたようだ。ここから更に、浅瀬入口バス停までは一時間の道のりだ。え?ちょっとよく聞こえなかった(錯乱)

f:id:ta2ni:20180413024855j:plain

f:id:ta2ni:20180413024910j:plain

f:id:ta2ni:20180413024924j:plain

ただの車道歩き一時間は酷だけど、この季節はね。ほら、桜が最高のタイミングでした。

f:id:ta2ni:20180413024942j:plain

f:id:ta2ni:20180413024957j:plain

しだれ桜もなかなかのタイミングで、ミツマタだけじゃあないぞ!という西丹沢の高いポテンシャルを感じました。でもね、林道一時間、車道一時間は辛ぇわ。

f:id:ta2ni:20180413025011j:plain

時間にしてはちょっと前だけど、遠い以前のように感じるミツバ岳の登山口。素晴らしい景色をありがとう、ミツバ岳!

 

下山後の丹沢湖でダム見学とダムカレー、そして現れた野生動物!?

f:id:ta2ni:20180413025027j:plain

丹沢湖畔は往路とはまた違った景色を魅せてくれます。このままバス停へ行ってもまだ時間には遠いので、丹沢湖まで行ってダム見学がてらグルメを楽しむ!というのが、例の廃道ルートを絡めた、帰りのバスの時間にピッタリの計画だったのです。

無事に今ここにいることができて何よりです、本当に。

f:id:ta2ni:20180413025046j:plain

鬱陶しいほど長いトンネルを再び抜けて、丹沢湖へと向かいます。何にもない浅瀬入口バス停で待つよりかは、大して離れてない丹沢湖バス停まで来ちゃったほうが絶対に良いと思いますよ。時間はいくらでも潰せそうです。

f:id:ta2ni:20180413025101j:plain

f:id:ta2ni:20180413025116j:plain

立ち寄った丹沢湖記念館では、念願のダムカードが貰えました!やった、俺の初ダムカードです。玄倉ダムとあと何とかダムも貰えるようですが、その二つは現場に行ってきた証拠写真がないと頂けないようです。惜しい、玄倉ダムには行ってるんだけどなぁ~!(;´Д`)

f:id:ta2ni:20180413025131j:plain

f:id:ta2ni:20180413025146j:plain

記念館の隣では「三保の家」という、丹沢湖底に水没した民家を移転再現した建物が見学できます。ダムと水没と聞いて思い出したのは、ついこないだまで調べていた群馬の八ッ場ダムのこと。吾妻渓谷を見に行きたかったのですが、工事による通行止めが複雑そうだったので見送りました。

f:id:ta2ni:20180413025200j:plain

いや~いいですね丹沢湖。桜と湖とピンク。こりゃあ絵になるわ。

f:id:ta2ni:20180413025218j:plain

お昼はここ、丹沢湖レストハウスにてワカサギ丼かダムカレーかで迷います。ん~どっちも捨てがたい!でもせっかくダムカードも手に入れたし、やっぱりダムカレーで!

すると、店員さんが「お客さん、キジいますよ!野生の!!」と窓の外を指差す。野生のキジ?キジってまさか…

f:id:ta2ni:20180413025234j:plain

 

そのまさかだ!!!

 

桃太郎のオトモで有名な、あのキジです。ええ~~!丹沢湖でキジってよく見るんですか?と聞くと、「そんなことないよ、初めて!」と店員さんも興奮気味にカメラを持って撮影していました(笑)

f:id:ta2ni:20180413025304j:plain

あれほど「野生動物には遭いたくない」と思っていましたが、こういうのは大歓迎です。現金なもんですね(^_^;)

f:id:ta2ni:20180413025325j:plain

いいモン見られました~と店内に戻り、ほどなくしてお楽しみの三保ダムカレーのお出ましです。くぅ…食欲を刺激するいい香りです。

f:id:ta2ni:20180413025340j:plain

生い茂る草木は青のり、ロックフィルはご飯、洪水吐はキュウリ、そして足柄牛を使ったメンチカツとパセリで陸地を再現した渾身のダムカレー!その味や…うまいッ!!思っていたよりも…正直、うまかった…!!

f:id:ta2ni:20180413025357j:plain

f:id:ta2ni:20180413024458j:plain

丹沢湖にバスが来るまであともうちょっと…よし、ここまで三保ダムに関わってしまったんだから、パパっとダムも見てこよう。

f:id:ta2ni:20180413025432j:plain

桜が満開のように見える眼下のダム広場まで行ってしまうとタイムオーバーなので、湖畔をひと歩きするだけにとどめます。水際だからか、風が結構…!

f:id:ta2ni:20180413025446j:plain

f:id:ta2ni:20180413025501j:plain

 

ダムですねえ…

 

f:id:ta2ni:20180413025527j:plain

欲を言っちゃうと、放水するところとか見たいですよね。でもいいんです、ダム初心者だし。それはまたいつかということで…やべ、ダムにもハマっちゃった?

新たな出会いをたくさん得て、丹沢湖にやってきたバスに乗り込んで帰り路へ…

 

春の山北、鉄道公園とさくらの湯

f:id:ta2ni:20180413024542j:plain

バスで一気に新松田に帰るのもいいですけど、ミツマタを見に来たんだったらぜひとも山北駅に立ち寄りたい…というのも、ここ山北駅桜の名所で、SLの模型がある公園ではお祭りなんかも開かれるのです。訪れた31日がちょうどイベントの日だったんですね。ラッキー♪

f:id:ta2ni:20180413024528j:plain

15時を過ぎると雲が多くなってきたのがちょっと残念ですが、鉄道公園は桜の舞いに合わせて賑わいを魅せておりました。

f:id:ta2ni:20180413024630j:plain

川も水車も、桜の花びらがびっしりと。春ならではの風景です。

f:id:ta2ni:20180413024558j:plain

f:id:ta2ni:20180413024613j:plain

さてさて、今回は桜を見に来たのともう一つ、スラ男さん、西丹沢帰りの温泉でぶなの湯を外すなんてどういうことです!?いえいえ、この時季だったらここに行きたくなるのが人情ってもんでしょう?

f:id:ta2ni:20180413024513j:plain

山北駅前にある「さくらの湯」なんて、この時季にピッタリでいいじゃあないですか。それ以外の時季だったらぶなの湯のセット券を買っちゃいますけどね。温泉は露天風呂も内湯もあり、お祭りだったからかおじいちゃん&若者で結構混んでいました。ちょっと時間もなかったのでちょうどいいか、サッと汗を流して出ましょう。

f:id:ta2ni:20180413024644j:plain

帰りの御殿場線では、電車が来るまであと数分~!というのに切符購入の列に巻き込まれてヒヤリ。時間ギリの人は電車内で買うように仰がれていました。割とフレキシブルなんすね…(;´Д`)

f:id:ta2ni:20180413025411j:plain

ミツマタを見に行って、帰りに桜を見る」というコンセプトで計画した今回の山旅でしたが、バス時間の穴も廃道コースもほぼ予定通りこなせて大満足…というか、胸をなでおろす結果となりました。

廃道(大杉歩道)についてはネット上では「難しくない」という声もあったのですが、俺は率直に「難しい!怖い!もう歩きたくない!」と感じてしまいました。無事に歩き通せたのは、動物に出くわさなかった運と、先達の情報のおかげかなと思っております。自身歩いていて言うのもなんですが、ミツマタを見にミツバ岳へ行くという方には絶対にオススメしたくないコースです。

f:id:ta2ni:20180406144926j:plain

きれいなミツマタときれいな富士山、そして青空。また一つ、西丹沢の好きな風景ができました。次はそろそろ…シロヤシオと檜洞丸かな?(笑)

 

コースタイム

2018年3月31日(土)晴

新松田駅(7:10)⇨浅瀬入口バス停(8:05)⇨ミツバ岳登山口(8:35)⇨ミツバ岳(9:25)⇨世附権現山(10:20)⇨二本杉峠(10:50)⇨千鳥橋(11:40)⇨丹沢湖(13:45)⇨山北駅(15:35)⇨新松田駅(16:25)

 

■破線ルートを歩くので必携です

山と高原地図 丹沢 (山と高原地図 29)

山と高原地図 丹沢 (山と高原地図 29)