ようこそ スラ男村

なまけたろうと登山ブログ

【奥多摩】浅間嶺 凍てつく払沢の滝と雪の浅間尾根、秘湯を探しに数馬の里へ

2月になって、早いところでは河津桜などが開花したとの報せもあります。

一方でまだまだ寒い日が続いていますね。そんな厳冬期のアクティビティとして、

「氷の神殿」とも称される栃木の雲竜渓谷や、各地の雪山が賑いを見せています。

今年こそはぼくも指一本くらいは突っ込もうと、秩父あしがくぼの氷柱

見に行きました。

 

しかし、厳冬期は喜ばしいことばかりではなく、ニュースを見ていると連日の

ように雪関連の事故が起きているのも事実です。改めて大自然の脅威というものを

思い知らされます。

 

…さて、今回はそんな厳冬期の山旅に初挑戦!いわゆる雪山初心者向けと

いわれる場所ではなく、凍結した滝、氷瀑を求めて奥多摩へ行った時のお話です。

f:id:ta2ni:20180206174030j:plain

 

どうも、スラ男です。

 

1月下旬に東京でも降雪があり、最強寒波の影響で都心部は-4℃を記録しました。

これは実に48年ぶりの冷え込みだったそうです。

そんな中、冷え込んだのは何も気温だけじゃありません。東京の西端にある

檜原村が誇る払沢の滝もまた、この寒波の影響で完全結氷に注目されていました。

 

ぼくも毎日払沢の滝のブログを確認して結氷状況を追っていました。

もし今年に完全結氷となれば、平成18年1月11日以来の12年ぶりとなります。

これは…行くしかないッ!

 

■浅間嶺 概要

 

都心から一時間の大自然、氷の滝を見に行こう

f:id:ta2ni:20180206173416j:plain

時刻は午前6時45分。降り立った駅のホームから見る朝焼けというのは、

冬の山旅の楽しみの一つだと思います。終点が都心から遠すぎると、

車窓からとなるんですけどね。

 

降雪直後とあってあちこちに雪が積もっており、交通機関の乱れが心配でしたが、

電車もバスも時間通りの運行で助かりました。今回の山旅は奥多摩エリアですが、

拝島駅奥多摩に行く際に乗る青梅線ではなく、五日市線に乗り換えてきました。

f:id:ta2ni:20180206173512j:plain

朝日よりも早起きして向かった先は、東京都あきる野市にある武蔵五日市駅

変わった駅名なので、一度見ればなかなか忘れなさそうな駅です。

f:id:ta2ni:20180206173452j:plain

駅構内は木の温もりに包まれており、例の「多摩産材」を活用して作られた

この空間にいれば気分は最高潮です。まだ電車を降りただけなのに(笑)

 

奥多摩エリアに行く際は、この多摩産材についても調べておくと面白いかも

しれません。例えば、高尾山口の国道のガードレールに使われているのも

多摩産材らしいですよ。

 

■多摩産材についてはこちらから

tokyogrown.jp

f:id:ta2ni:20180206173526j:plain

こちら武蔵五日市駅は、都心からわずか一時間で大自然に出会える秋川渓谷

玄関口となっています。秋川渓谷はぼくの子どもの時にキャンプで訪れたらしく、

いつか散策をしてみたい場所でもあります。

f:id:ta2ni:20180206173542j:plain

さて、駅から始発の数馬行きのバスに乗って、目的地である払沢の滝入口へ

到着です。車窓から覗いた秋川渓谷はすっかりと雪化粧しており、渓谷に架かる

石舟橋も一層フォトジェニックな様相でした。

 

このエリアには臼杵山、市道山、刈寄山からなる戸倉三山という縦走路があり、

乗っていた何人かがそこで降りていきました。ただ、雪の三山を縦走するのは

厳しいようで、どうするか悩んでいました。

 

奥多摩ではほかにも大岳山、御前山、三頭山を奥多摩三山とまとめていますね。

ぼくは鷹ノ巣山、七ツ石山、雲取山の石尾根を縦走して散々な目に遭いました。

f:id:ta2ni:20180206173558j:plain

バス停の目の前にあるちとせ屋さん。こちらのお豆腐屋さんは檜原村観光の

人気店とのことです。美味しいお豆腐はもちろん、当日のおからを利用した

うの花ドーナツも人気らしく、ぜひ立ち寄りたかったのですが…開店前です。

 

今回のプランとして、払沢の滝を最初にするか最後にするかでとても

悩みました。滝スタートにするならば、浅間嶺を歩き、ゴールにある

浅間坂 木庵というお店で食事をして温泉というコース。

逆ならば数馬までバスで行き、浅間尾根登山口から歩いて、払沢の滝で

ドーナツやらコーヒーを、温泉は瀬音の湯もありますし。さあどうするか!?

 

そんな迷えるぼくの背中を押してくれたのが、登山をする女の子と山ご飯を

題材にした『山と食欲と私』という漫画です。その中で、主人公の鮎美ちゃんが

浅間嶺を訪れる回があるのですが、話の最後に登場するあるものが気になり、

今回は鮎美ちゃんが歩いた道(鮎美ちゃんルート)をなぞって行くことに

しました。

 

ということで、今回のお話ではちょいちょい漫画の内容を挟みますので

ご容赦ください。

 

■浅間嶺は「山と食欲と私」6巻に収録されています

山と食欲と私 6 (BUNCH COMICS)

山と食欲と私 6 (BUNCH COMICS)

 

 

完全結氷!?凍てつく名瀑、払沢の滝

f:id:ta2ni:20180206173631j:plain

さすがに朝イチとあって冷えますね。連れてきたオトモのふらみも寒そう。

f:id:ta2ni:20180206173647j:plain

一歩足を踏み入れた途端、モノトーンの景色に一変しました。普段雪を見る

機会が少ないため、この白黒の空間にいるだけでも…鳥肌ものです。

f:id:ta2ni:20180206173702j:plain

払沢の滝へ続く遊歩道の入口にギャラリー喫茶やまびこさんが見えました。

陶芸家の方が経営するお店とのことで、お店の器も全てご自身の作品なんだそう。

また、コーヒーも払沢の滝の水でたてたとか。ぜひぜひ立ち寄りたかった場所

ですが、またいつか。

f:id:ta2ni:20180206173717j:plain

お目当ての滝は、遊歩道の最深部にあります。遊歩道はところどころで

凍結しているので、油断していると滑ります。驚いたのは、雪景色の中を歩く

外国人とシベリアンハスキーの組み合わせ。

 

「雪」と「外国人」と「シベリアンハスキー」ッ!この世にこれほど相性の

いいものがあるだろうかッ!?

f:id:ta2ni:20180206174438j:plain

巨大な氷柱のアーチもありました。ただし、こちらは人工的に発生させた

氷柱ですが、見ごたえは抜群です。近くまで寄れるのもグッド。

 

 

それにしても、雪特有のこのシーン…と静まり返った空気はいいですよね。

いつもは聞こえるはずの動物の声すら聞こえません。黙々と遊歩道を歩いて、

いよいよ最深部へ…

f:id:ta2ni:20180206173837j:plain

あれだ…!!お待ちかねの払沢の滝とご対面です。

早く目の前まで!という気持ちを抑えて、じわりじわりと滝の目の前まで。

興奮して急いだりすると滑って転ぶし、なんたって足場が狭い。

f:id:ta2ni:20180206173929j:plain

 

 

これが払沢の滝…!!

 

 

f:id:ta2ni:20180206173944j:plain

払沢の滝、下から撮るか横から撮るか。皆さん思い思いのアングルで

撮影していますが、三脚を使用するカメラマンも多いので、ぶつからないように

注意しながら登ります。

 

 

f:id:ta2ni:20180206174047j:plain

混雑の中、ようやっと動くことができたので、滝を下のアングルから捉えます。

これが氷瀑…なんという凄まじさ。呼吸すら忘れる圧巻の景色。息を呑む

美しさとはこのことでしょうか。

 

滝の真上と直下ではかすかに水が流れていました。ってことは、完全結氷

ではない…!?うーん、この時点では氷瀑ブログが更新されていなかったので、

結果は後ほどです。

f:id:ta2ni:20180206174104j:plain

ぶさいく、ふらみもド迫力の氷瀑に出会えて大満足のご様子です。

え?そうは見えない?

f:id:ta2ni:20180206174236j:plain

少し離れて見ると、滝壺が神秘的ですね。何というか…言葉が足りませんが。

スゴイぞー!カッコいいぞー!!

あまりの凄さに、何だか結氷率とかどうでもよくなってきました(笑)

だって、これだけすごい景色に出会えたんだから、こまけえこたぁいいんだよ!

という気持ちです。

f:id:ta2ni:20180206174310j:plain

ちなみに、前日の結氷率は95%でした。そしたらもう翌朝は100%!という

確信がぼくの中にはあったッ!

f:id:ta2ni:20180206174119j:plain

さあ、答え合わせの時間です。2018年1月28日(土)の結氷率は…ダララララ♪

 

 

98%~~~~!!!

 

 

(; ・`д・´)ファーーーー!!?

 

ということで、ぼくは12年ぶりの完全結氷には出会えませんでした(笑)

でもいいんです。むしろ、100%だった翌日は曇り空でしたから、快晴の

この日で本当に良かったなと思っています。悔しくなんかないんだからねっ! 

 

雪の集落を歩いて、抜群の眺望の峠の茶屋へ

f:id:ta2ni:20180206174526j:plain

帰り道でおじいさんに「滝はどうだった?」と聞かれました。

「俺は毎日来てるけど、朝からあんな車の数見たことない」と笑っていました。

おそらく地元の方でしょうか、やっぱり今年は来訪者が多いってことですよね。

f:id:ta2ni:20180206174541j:plain

ぎょえええ!!こ、公共交通機関で来てよかった~(; ・`д・´)

f:id:ta2ni:20180206174556j:plain

さて、滝の見物を終えた後は、鮎美ちゃんルートで浅間嶺を目指します。

この浅間嶺は、北秋川渓谷と南秋川渓谷のちょうど真ん中にある浅間尾根のことで、

かつては物流などで使われていた尾根道だったようです。また、南側に丹沢山塊、

北側に御前山、大岳山といった奥多摩の名峰がズラリと見えるのも魅力です。

f:id:ta2ni:20180206174611j:plain

たろうで遊びながら、ゆっくりと登っていこう。だっていつもとは勝手が違う

雪道だもの。結果的に、いいペースで最後まで山歩きができました。

f:id:ta2ni:20180206174625j:plain

「雪」と「たろう」!この世にこれほど相性がry

f:id:ta2ni:20180206174640j:plain

払沢の滝入口から浅間嶺を目指すには、駐車場より先の林道を少し歩きます。

林道の左側に登山口が見えますので、まずは道標にある時坂峠を目指します。

f:id:ta2ni:20180206174714j:plain

思った通りの雪道でしたが、凍結箇所は少なかったので助かりました。

あまりに積もっているなら引き返すつもりでしたが。

f:id:ta2ni:20180206174733j:plain

雪化粧をした集落を眼下に、モフモフとした雪道を登っていきます。

f:id:ta2ni:20180206174748j:plain

林道、ショートカットの山道、林道といった具合のコースです。

林道をず~っと登っていくことも可能ですが、それじゃあちょっと…

f:id:ta2ni:20180206174803j:plain

「なんて気持ちのいい朝だろう」と、漫画の中で鮎美ちゃんは道中の景色を

表現しています。季節は違えどまさに今、ぼくも同じことを感じています。

f:id:ta2ni:20180206174818j:plain

アイスのチョコチップにも見える雪に覆われた山肌が見えました。

f:id:ta2ni:20180206174832j:plain

誰もいない静かな朝を独り占め…と思いきや、下から登山者が一人。

思えば峠の茶屋までの道中で出会ったのはこの人だけだったかな?

f:id:ta2ni:20180206174846j:plain

先ほどのチョコチップの上までやってきました。このまま林道を突き進んで

行きましたが、本当は前の写真の山道から林道に合流する際、目の前にあった

登山道へ行くはずでした…すっかり見落としていたのです(;´Д`)

f:id:ta2ni:20180206174901j:plain

林道はちょっと長ったらしく思えましたが、見晴らしのいい場所からは都心部

望めました。登山道は凍結箇所もありそうだったし、結果林道でよかったのかも。

f:id:ta2ni:20180206174916j:plain

林道をぐるり周って来た先、この奥が先ほどの登山道から時坂峠へつながる

道ですね。バリケードもあるし、やっぱり林道で正解でした。

 

f:id:ta2ni:20180206174946j:plain

奥多摩の山に来ると、真っ先に「木の香り」を意識することが多いです。

大岳山や青梅の丘陵地など、多摩地域の森林事業のおかげでどんどん山が

整備されているそうです。前は展望がなかった場所も、いつの間にか開けて

いたなんてのはそういうことだったんですね。

f:id:ta2ni:20180206175018j:plain

引き続き林道を歩いていくと、峠の茶屋が見えてきます。看板を見ると、

歴史ある場所だというのがわかります。さて、こちらの峠の茶屋さんですが、

御前山方面が開けており、抜群の展望スポットになっているのです。

f:id:ta2ni:20180206175033j:plain

丸太のベンチもあるので、道中最初の休憩にはもってこいのスペースです。

この日はカップヌードルを用意しているので、ここで御前山・大岳山を見ながら

昼食にしようという予定でしたが…ようやく体も温まってきたところ、

昼食はもう少し歩いてからにします。

 

f:id:ta2ni:20180206175047j:plain

たろうたちの見ている先、去年の夏に行った大岳山は濃霧に見舞われたので、

また晴れた時にその展望を楽しみたいところですね。さあ、そろそろ先へと

進みましょうか。

 

雪の音、木の温もり、奥多摩の名峰を望む浅間嶺

f:id:ta2ni:20180206175116j:plain

さてさて、小休止の後は道標に従い浅間嶺を目指します。この甲州古道から先、

本格的な登山道へと入っていきます。古道ということで、冒頭で触れた歴史を

感じる尾根道です。

f:id:ta2ni:20180206175133j:plain

進んだ先には、峠の茶屋本家であるそば処みちこさんが見えてきました。

建物は築400年以上と歴史あるこちらのお店は、2010年の『出没!アド街ック天国

檜原村』でも紹介されたそう。かなり気になっていたお店ですが、冬季は

休業中のため、近いうちに再訪したいところです。

※しかし残念ながら、2018年11月末に閉店となったそうです(´;ω;`)

 

■そば処 みちこ

tabelog.com

 

f:id:ta2ni:20180206175219j:plain

お店の先は沢沿いを登っていきます。冬場の水のスーンとした香り、雪を踏む音、

そして木々から感じられる温もりが気持ちいいですね。奥多摩を歩いている!と

いう気がします。まだ言うほど歩いたことないけど。

 

f:id:ta2ni:20180206175306j:plain

いつのまにか標高を稼いで、展望も利くようになってきました。その代わりに

雪の量も増えたので、遠くを見ていて転倒なんてことにならないように進みます。

f:id:ta2ni:20180206175324j:plain

道中はず~~~っと御前山を見ながら歩くことができます。奥多摩三山の中では

御前山だけ未踏なので、俄然行きたくなりましたね。カタクリの時季か、

紅葉の時季か…新緑でもいいなぁ。 

f:id:ta2ni:20180206175339j:plain

カタクリのことを思っていたらカタクリの群生地が出てきました。

ただ、雪に埋もれて何が何やら。

f:id:ta2ni:20180206175405j:plain

雪の中を進むぶさいく。頑張れー!!

f:id:ta2ni:20180206175420j:plain

これは…アブラチャン????乗っかっているのは、フラミチャン。

調べたら油を多く含んだクスノキ科の木みたいです。へ~おもしろい名前。

f:id:ta2ni:20180206175437j:plain

雪道をモフモフと進んでいき、浅間嶺も近くに見えてきました。浅間嶺には

展望台があるので、回り道となりますが道標の展望台方面に進んでいきます。

f:id:ta2ni:20180206175453j:plain

はぁはぁ、ふぅふぅ…!当たり前ですが、普通の山道を歩くより何倍も疲れます。

f:id:ta2ni:20180206175524j:plain

松生山との分岐は、浅間嶺を目指して気持ちのよい雪の尾根道を進んでいきます。

お腹も減ってきたし、展望台が待ち遠しい!

f:id:ta2ni:20180206175549j:plain

たろうたちも、いつもよりも多めに遊んでおります。

f:id:ta2ni:20180206175611j:plain

あの青い空の向こう!!間違いない、展望台だァーッ!!!

f:id:ta2ni:20180206175741j:plain

 

 

お、おおおお~~~!!

 

 

f:id:ta2ni:20180206175903j:plain

この浅間嶺からは、その名の通り富士山はもちろん、北側に奥多摩の山々が

ズラリと並んだ景色が一望できるのです。その様子は『山と食欲と私』にも

描かれており、鮎美ちゃんはこれから登る雲取山の偵察のために訪れていましたが、

ぼくは自分の歩いた石尾根を眺め、振り返るためにやってきました。

さすがにヨーグルトカレーは仕込んできてませんが。あれ美味しそう。

f:id:ta2ni:20180206175626j:plain

さて、それでは俺も山座同定をば…青色のハイカーさんの向こうにそびえるのは

奥多摩三山の一つ、大岳山ですね。

f:id:ta2ni:20180206175918j:plain

左側は御前山へ続き、右は御岳山に続いています。去年の夏、海沢探勝路から

アプローチし濃霧となったため、あまり印象に残らなかった大岳山ではありますが…

こうやって遠くから見ると、ゴツゴツしていて格好いい山容です。

 

昨今の漫画・アニメ業界では、何でもかんでもすぐ擬人化する流行りがありますが、

大岳山を擬人化する際はぜひとも渋めの厳ついオッサンでお願いします。

f:id:ta2ni:20180206175832j:plain

続いては道中ずっと見守っていてくれた御前山です。大岳山もそうですが、

このように覗き穴が用意されているので見てみましょうか。

f:id:ta2ni:20180206175848j:plain

 

 

お、邪魔ゥー!!!

 

 

f:id:ta2ni:20180213141412j:plain

こちらが御前山です。未踏の山ですが、その山容は大岳山とくらべて柔らかな

イメージです。奥多摩湖からアプローチする大ブナ尾根が、新緑・紅葉ともに

美しいとウワサなので、ぜひぜひそこを狙って訪れたいもんですね。

f:id:ta2ni:20180206175933j:plain

御前山から左に目線を流すと、右側に鷹ノ巣山が飛び出ており、石尾根縦走路を

経て左奥にそびえる雲取山へ続いております。

f:id:ta2ni:20180206175949j:plain

そして、左端には東京・山梨の県境にそびえる三頭山が頭を出しています。

この三頭山は「都民の森」という森林散策コースが設けられており、手軽に

大自然を満喫できるのも魅力の一つです。

 

ただ、奥多摩湖側から続く麦山浮橋を渡っていくコースも面白いですよ。

イヨ山への急登が堪えますが。

 

■浮橋を渡って三頭山へsurao.hatenablog.com

 

f:id:ta2ni:20180206180108j:plain

奥多摩方面の眺望を満喫したら、山頂標の背後には富士山が「よっ」という

感じで覗いています。よく考えたら、丹沢・道志山塊も見えていたはずなの

ですが、奥多摩に酔いしれて確認し忘れていました(;´Д`)

f:id:ta2ni:20180206180053j:plain

さて、それではお昼ご飯としますか。今日は…コレ!以前大失敗した

カップヌードル!!風が寒いけど、トムヤムクン美味しッ!!!

f:id:ta2ni:20180206180126j:plain

デザートには、奥多摩の森をイメージして、森の切り株

ちなみに、下山後にもご飯を食べる予定です。川魚がどうしても食べたくて、

ぼくのお腹の中ではヤマメパーティーの準備が着々と進められています。

 

続く浅間尾根と奥多摩の眺望

f:id:ta2ni:20180206180141j:plain

ところで、地図をよく見てみると、浅間嶺の山頂は今いた場所とは別に

あるようです。確かに先ほどの場所は山頂標こそあったものの、展望台ですもんね。

展望台を下りた先の休憩広場から分岐する先に、「小岩浅間」として本当の山頂が

あるみたいです。でもこの雪だし…わざわざ行かなくてもいいか。

f:id:ta2ni:20180206180158j:plain

この休憩広場、屋根のある建物やトイレもあるのでいいですね。

この雪がなければ、広々しているので大人数での休憩もできちゃいます。

f:id:ta2ni:20180206180213j:plain

といっても、休憩はすでにたっぷりしているので先へ進みましょう!

先行する青いハイカーさんの後をついていきます。すぐに置いていかれましたが。

f:id:ta2ni:20180206180230j:plain

これより先は三頭山の展望が広がっていました。いいなぁ~~雪景色。

この翌日に払沢の滝が結氷率100%になりましたが、天気は曇りだったので

山歩きまで予定していたぼくには、この日の快晴こそ100%の内容です。

f:id:ta2ni:20180206180248j:plain

サクサク…モキュモキュ…すれ違うシニアハイカーさんが「数馬まで行くの?

皆行き先は同じなんだね(笑)」というので、おそらく先行の青ハイカーさんも

同じルートだったようです。

f:id:ta2ni:20180206180303j:plain

道標の左側からやってきて振り返ると、どうやらこの右側に続いている

尾根道の先が小岩浅間、浅間嶺の本当の山頂のようですね。

f:id:ta2ni:20180206180320j:plain

奥多摩らしい温かい風景です!雪はあれども木が温い!そして雪で地面が

隠れているせいか、いつもよりも木の香りが強めに感じられたのもなお良し。

奥多摩の木が好きだ~!秩父の土も好きだ~!ボソッ

f:id:ta2ni:20180206180341j:plain

景色はコロコロ変わります。樹林帯を歩いていたと思ったら解放感溢れる景色へ。

奥多摩の山々をひとしきり歩いた後に浅間嶺を訪れれば、より感慨深いかも。

f:id:ta2ni:20180206180414j:plain

しばらく歩くと、人里(へんぼり)との分岐に辿り着きました。

普通に読んだら「ひとざと」ですよね。人里にもバス停があるので、

そこから登ってくるハイカーも多いみたいです。

f:id:ta2ni:20180206180510j:plain

美しく一直線に伸びた木々の中を歩いていると、どこかトリックアートを

見ているような錯覚に陥ります。

 

アップダウンは少なく、なだらかな道が続きますのでノンビリ歩けるのが

いいですね~。ただ、途中にはロープが設置された急斜面もあり、この雪も

あってヒヤリしました。冷たい雪だけに

 

 

f:id:ta2ni:20180206180555j:plain

ところで、地図上に書かれている一本杉(一本松)はどこだろう?なんて

思っていると、道標が現れました。それっぽい木は見当たりませんが…?

f:id:ta2ni:20180206180611j:plain

おや、よく見てみると秘密の案内が書かれていましたよ。

これは…ちょっと行ってみます!

f:id:ta2ni:20180206180626j:plain

道標の裏から続く斜面を登っていくと、一本松の山頂がありました。

本日の浅間嶺コースにおいて、ここが最高点ですね。特に何があったぞー!

というわけじゃありませんが、ボーナスステージを見つけたみたいで嬉しい。

f:id:ta2ni:20180206180640j:plain

半分埋もれた三角点もありました。ふらみとぶさいくを乗っけて記念パシャリ。

f:id:ta2ni:20180206180655j:plain

コースを戻り、右手に御前山を望みながら黙々と歩き続けます。

この日は最後まで御前山に見守られながらの道中でした。

f:id:ta2ni:20180206180710j:plain

一本松を過ぎて最初の分岐点ですが、右側の藤倉バス停へと続く方は

通行止めされていました。

f:id:ta2ni:20180206180725j:plain

大きな岩が見えてきたら、おお、これがサル石か。なんでもどこかにサルの

手形がついているとのことだけど~…?

f:id:ta2ni:20180206180755j:plain

看板を注視していたら不意打ちです(笑)本当その通り!

 

ちなみに、この落書きの上に「⇨」と書いてあるのがヒントで、この矢印の

差す方向に手形があるそうです。矢印に気づいたので見ましたが…どれ?

 

お楽しみの秘湯、蛇の湯温泉

f:id:ta2ni:20180206180811j:plain

サル石の先にある数馬分岐からは、浅間尾根登山口までのラストスパートです。

この登山口にあるお店、浅間坂 木庵さんでの食事を楽しみに、ルンルン気分で

下山します。ヤッマッメ♪ヤッマッメ♪(*´∀`*)~♪

f:id:ta2ni:20180206180901j:plain

一度林道を挟み、浅間湯という看板のあるところを下りていきます。

ここの急斜面は怖くて震えましたね…

 

浅間湯の案内の通り、これから向かう浅間坂さんは食事のほか宿泊も可能で、

お風呂まで入れちゃうんです。檜原村特産のジャガイモや、コンニャクにも

力を入れているとのことなので、お蕎麦とヤマメと一緒に楽しみにしていました。

 

■お風呂も入れる浅間坂

www.sengenzaka.com

 

f:id:ta2ni:20180206180930j:plain

民家の裏を抜けながら坂道を下りて、浅間坂さんへ到着です。

お店の前に湧水もあり、よしよしと期待がグングン高まってきました!

f:id:ta2ni:20180206180946j:plain

 

 

……え?

 

 

f:id:ta2ni:20180206181002j:plain

 

 

(´;ω;`)ブワッ

 

 

f:id:ta2ni:20180206181022j:plain

……大丈夫、まだ温泉があるから。

f:id:ta2ni:20180206181037j:plain

冬季休業とは無念ですが、こういう場合も考慮して浅間嶺で昼食は多めに

とってありますからね!また来る楽しみは増えたと思います!(強がり)

 

この後は最終地点である、蛇の湯温泉を目指して檜原街道まで下ります。

f:id:ta2ni:20180206181110j:plain

浅間坂の大きな看板に後ろ髪を引かれつつも、滑らないように坂を下りねば。

この後も案内板が出てきて、ひっそりと精神的ダメージを与えていくのは内緒です。

f:id:ta2ni:20180206181143j:plain

浅間尾根登山口のバス停から温泉までは車道歩きとなりますが…

これが雪のせいでなかなかしんどい!道路の端は泥混じりでびちゃびちゃですし、

歩道はほとんどない上に雪が積もって歩き辛い。これは意外な伏兵でした。

 

ところでこちらの民宿がかなり気になりました…巨大こけし

f:id:ta2ni:20180206173108j:plain

蛇の湯温泉を目指して歩いていると、その前に数馬の湯が見えてきました。

いいですね~!雪景色にたちのぼる湯気!

f:id:ta2ni:20180206173054j:plain

三頭山の山旅帰りに利用しましたが、きれいでいい温泉でした。

実はその時にも蛇の湯温泉は気になっていたんですけど、入る勇気が

ありませんでした。今回は逆に数馬の湯を見送ります。

 

 

f:id:ta2ni:20180206173158j:plain

車道を黙々と歩いて、蛇の湯温泉 たから荘に到着。いいですね~、

多摩に残る名湯!そしてこの外観!

f:id:ta2ni:20180206173217j:plain

実は、冒頭のルート選びでぼくの背中を押してくれたあるものというのが、

この蛇の湯温泉なのです。その昔、大蛇が傷を癒やしたという言い伝えのある、

歴史を感じる温泉なんですけど、それ以上に「秘湯」という単語に魅力を

感じてやってきたわけです。

f:id:ta2ni:20180206173234j:plain

秘湯の定義って何だろうと考えると、う~ん…山奥にあって、岩風呂で…

というイメージです。でも、そこに多くの人が訪れるようになって、賑わい

だしてしまったら全然秘密じゃない?

f:id:ta2ni:20180206173254j:plain

快く迎え入れてくれた従業員の方、窓から見える雪景色、軋む床の音…

そのどれもが旅情を感じさせ、秘湯への期待は一層高まります。

脱衣所からお風呂場へ、カラカラと戸を開けたるとモワモワと湯気がたちのぼる

内湯と洗い場だけのシンプルなお風呂。

 

 

最高かよ。

 

 

近頃の山旅では多種多様なお風呂やサウナが楽しめるスーパー銭湯的な温泉が

多かったため、逆にボーっとしながらただ浸かるだけのお風呂が恋しかった

というのもあります。たまには湯ったりと…

f:id:ta2ni:20180206173309j:plain

お風呂上がり、楽しみにしていた食事を頼もうとメニューを見てみると、

ラストオーダーは14時まで!!嫌な予感!現時刻は…13時58分!!

 

 

(; ・`д・´)ホギャアアア!!

 

 

幸いビールは注文可能なようで、お兄さんが快く対応してくださいました。

まだポカポカした体が早く早くと急かしてくるけど、まずはこのビールについて。

秘湯ビール」…何ですかその魅力的な響きは!?これこそ、鮎美ちゃんが

蛇の湯温泉あがりに美味しそうに飲んでいたものであり、今回の旅路の

フィナーレを飾るものです。

f:id:ta2ni:20180206173326j:plain

お風呂上がりに牛乳ではなく、ビールが飲みたい!と思うなんて…

これを楽しみにここまで雪ん中を歩いてきたのですから、その美味しさも

格別ですよね。(*´∀`*)プハー

さらに、食べたかったコンニャクをサービスで頂きました!美味しっ!!!

f:id:ta2ni:20180206173342j:plain

至福のひと時を得た蛇の湯温泉を後に、バスで武蔵五日市駅まで戻ります。

ビールの効果でしょうか、ものっすごく眠い。山旅の後に皆さんがビールを

飲みたくなる気持ちが今わかりました。これは極楽…(*´∀`*)

f:id:ta2ni:20180206173400j:plain

帰りのホリデー快速あきがわに乗って新宿まで揺られる車中、今日の温泉は

気持ちよかったなぁと振り返ります。東京にいながらまさか秘湯に出会えるとは、

不思議なものですねえ。

 

浅間嶺の山旅、終わりに

f:id:ta2ni:20180206174400j:plain

大迫力の氷瀑から雪の浅間尾根、奥多摩の山々を望みながら惜しくも休業中だった

お店を見送り、山奥に佇む秘湯に癒やされる。そんな『山と食欲と私』に倣った

鮎美ちゃんルートで臨んだ山旅は、大満足で幕を閉じたのでした。

 

さあ、次はどこに行こうかなぁ。

 

コースタイム

2018年1月27日(土)晴・積雪

武蔵五日市駅(6:45)⇨払沢の滝入口バス停(7:35)⇨払沢の滝(7:45)⇨峠の茶屋(9:25)⇨浅間嶺・展望台(10:30)⇨人里分岐(11:20)⇨サル石(12:15)⇨浅間坂 木庵(12:40)⇨蛇の湯温泉たから荘(13:20)⇨武蔵五日市駅(15:50)