ようこそ スラ男村

なまけたろうと登山ブログ

【高尾】高尾山 山頂まで行かない初詣の山旅、高尾観光のススメ

年末年始は忘年会だったり親戚への挨拶だったりと、なかなかに忙しい。いつか山の上で初日の出を見てみたいな~と思いながら、2017年もお家で紅白を見ながらひっそりと過ぎていきました。いつもは紅白を見ない俺ですが、今回の紅白はついに三浦大知が出るとあって超楽しみッ!にしていたのだが…うっかり忘れて、テレビをつけたら出番が終わっていた。二組前だったというニアミス。ぐああああああ!!

でも嫁の実家で録画されていたのを見ました。ナイス!圧倒的なパフォーマンスはテレビ越しでも鳥肌モンです。近年メディア露出も増えているので、ファンとしても嬉しい限り!

 

さて、そんな激動?の年末年始を終えて新年一発目の山旅です。去年の計画では、1月は下旬頃に氷瀑でも見に行こうかな~なんて思っていたんだけど、まさかまさかで仕事ついでに山へ行けることに。といっても、強引にですけど(;´Д`)

混雑必至の三が日を外しての初詣、新年一発目は東京・高尾山で!!

f:id:ta2ni:20180108115240j:plain

 

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。スラ男です。

積雪を回避するため12月上旬で早々に山旅を切り上げた俺は、SNSに次々と上がってくる、そらもう美しい雪山の景色をいいなぁ~と眺めていることがここ最近の日課となっています。いつか経験と装備が揃ったら、ちょっとでもチャレンジしてみたいとは思います。

■高尾山 概要

さて、そんな厳冬期の山の楽しみ方ですが、雪山以外でも別のアプローチで楽しめることがわかりました。例えば1月は初詣や初日の出を絡めて筑波山や大山へ、もしくは梅や菜の花、水仙といった早春の花を探して南房総や湘南の方へ。または寒い季節ならではの温泉めぐりとか~…オイ体が足りねえ。

時間がたっぷりあればどこへでも行けるのですが、今回山へ行けることになった1月4日は午前中に仕事があったため、午後入りが前提条件となりました。ということなら…やっぱり高尾山で決まりです。

 

午後入りでも楽しみ方は盛りだくさんの高尾山

f:id:ta2ni:20180108114106j:plain

1月4日の朝、いつもの山へ行く時間と何ら変わらない時間に家を出て、都心部へ向かう。いつもと違うのは、仕事用のスーツに通勤用のリュックという服装だ。なるほど、初詣を兼ねた山旅だからって気合入れたな?って違う。午前中仕事だからだ。

その仕事を11時に終えて、地下鉄に乗って新宿を目指す。そう、俺はこの時間から高尾山入りをしようとしているのだ。高尾山への到着は12時予定。こんな時間からでも十分に満喫できる高尾山の懐の深さは、マリアナ海溝よりも深いんじゃないでしょうか?シビレます!

f:id:ta2ni:20180108114028j:plain

新宿で京王線に乗り換えの際、ちらっと見えた緑色の車両。これってまさか…?!そのまさかです。この車両は「高尾山トレイン」と呼ばれる高尾山をイメージしたラッピング電車なのです。以前、京王れーるランドに行った際、スラ坊にこの車両のプラレールを買いましたが、今まで見たことがなかったので感激です。しかも乗れるとは。

f:id:ta2ni:20180108114049j:plain

車体には高尾山の四季を表したイラストが施されており、これから登る高尾山への期待度を高めます。外国人観光客も多いこの高尾山とあって、ラッピングにありがちなゴテゴテ仕様ではなく、シンプルなデザインでわかりやすいですね。

f:id:ta2ni:20180108114007j:plain

思わず先頭まで行って激写してしまった。しばらく駅に停車しているので、時間に余裕があればぜひぜひ。おいスラ男よ、お前は余裕があるのか?

…それがあるんですよ!そもそも午後入りだから、いつもと違った高尾山の楽しみ方を探してみようというのが今回のテーマで、なんと高尾山山頂まで行きません薬王院をゴールとし、お参り後に山腹、山麓で遊ぶというのが目的です。さすがにミシュラン三ツ星の観光地とあって、この高尾山、麓から山頂までスキがありません。

ちなみに、高尾山の楽しみ方を調べるならこちらのサイトが便利。

www.keio-takao.jp

f:id:ta2ni:20180108114123j:plain

そういえば1月、しかも正月に高尾山に来るのは初めてです。念願かなったりというところもあって、なんだか嬉しい。三が日は混雑必至の高尾山ですが、4日以降は比較的空くというので、穴場だったりもします。そんな中、いつもはない看板や飾りを見つけながら、高尾山の麓をのんびり散策します。スーツ姿で。

f:id:ta2ni:20180108114232j:plain

おっと、俺は今スーツ姿だったんだ。しかしご安心を、高尾山口には何箇所かにコインロッカーがあるので、そこで持ってきた登山服に着替えます。ここは高尾山温泉入口のロッカーです。帰りに忘れないように気を付けないと(笑)

正直、大声では言えませんがスーツ姿であろうと高尾山は基礎体力があれば登ることは可能です。ヒールだろうがサンダルだろうが登るだけなら可能です。ただ、登っている最中に「もう足が痛い、歩きたくない」なんてことになったら困るし、ケーブルカーやリフトを使ったとしても、山腹から山頂までは石段の登りや石の坂道が待ち構えています。たまに彼女がヒール、彼氏が運動靴のカップを見かけますが、彼氏が高尾山のルートを彼女に伝えてないのか、あるいは彼女がよほどの豪傑なのか気になります。

どの山でも適切な服装、装備が望ましいですが、一番大事なのは無理をしないことだと思います。高尾山だって、無理をしなければ普段着で問題なく楽しめますから。

f:id:ta2ni:20180108114217j:plain

よし、登山装備に着替えて準備はオッケー。万が一何か道具を忘れたとしても、駅内にあるお土産屋さん楓Kaedeにはモンベルのグッズが用意されているので安心です。よく考えたらすごいことだよな…RPGでボスに挑む前に村で装備を整える感がある。

f:id:ta2ni:20180108114200j:plain

醤油だんごのい~い香りをグッと堪えながら、いつも気になるイタリアンレストラン高尾山FuMoToYAの向こうに先ほどの高尾山トレインが見えました。こちらのレストランは足湯も併設されており、いつか行ってみたいところです。

f:id:ta2ni:20180108114249j:plain

ついつい駆け足がちになってしまう高尾山口駅から清滝駅までですが、ゆっくり歩くと見るところが結構多いです。商店や蕎麦屋さんもあるし、この広場は去年の12月に真っ赤に染まっていたところです。今は冬枯れた景色ですが。

f:id:ta2ni:20171204181714j:plain

去年の12月です。高尾山の四季をさっそく体感できたというところでしょうか。

f:id:ta2ni:20180108114321j:plain

さて、早朝以外いつも人で賑わう清滝駅に到着しました。さっそく新年初たろう!!高尾山のマスコットでもあるムササビと一緒に記念撮影。たろうのにおいをかいでいるようにも見えますね(笑)余談ですが、ムササビに似た動物でモモンガがいますが、その主だった違いは大きさです。ムササビのほうが遥かにデカいです。

f:id:ta2ni:20180108114339j:plain

今年は戌年なので、犬の名前がつく山をはじめ、奥多摩御岳山秩父三峯神社のように犬に関連するところも賑わいそうです。高尾山でも犬連れの人をたくさん見かけました。こういった記念登山は去年痛い目を見ているため、今年は欲張らないようにしないと…

f:id:ta2ni:20180108114304j:plain

さて、高尾山口に到着するのが12時予定だったので、この日は朝にバナナを一本食べたきりです。そう、お腹を空かせてまずは麓でとろろそばァ!なんて息巻いていたのですが、清滝駅前にある人気のお店、髙橋家は大混雑。ぐぬぬ…甘く見た…

この髙橋家のとろろそばは昔食べたことがあって、どんな味だったかな~という気持ちで入りたかったけど、またの機会ということで。向かいに紅葉屋本店もありますが、ここも人気で混雑しています。しゃーない、山腹まで我慢。

 

観光客の行き交う1号路、高尾山初心者へのオススメは?

f:id:ta2ni:20180108114355j:plain

高尾山口から山頂まで直結しているコースは、石畳と石段が続き、道中にお店やトイレがあるため一番賑わいを見せる1号路、滝や沢などの水を感じながら歩くことができ、繁忙期は登り専用になる6号路、そして一番山歩き感のある稲荷山コースとあります。

今回は久しぶりに1号路を登って薬王院を目指します。

f:id:ta2ni:20180108114410j:plain

初めて高尾山に来た時、山の中を歩きてえ!という思いが強かったため、迷わずに稲荷山コースへ入っていきました。稲荷山コースは開始直後と山頂直下の急な階段があるため、一番ハードなコースとの紹介が多いですが、道中は自然豊かで歩きやすいコースに思えます。また、早朝のアクセスで、静かな山歩きを満喫したい時などもオススメのコースです。俺もこの稲荷山コースが一等好きですな。

f:id:ta2ni:20180108114426j:plain

では1号路は?というと、薬王院を通るコースというのもあり「とりあえず1号路」という風潮があるのかもわかりませんが、観光客の割合が非常に多いです。でも、観光するなら乗り物を使ったほうがより楽しめると思います。

というのも、この1号路は山腹まで急勾配の石坂が続き、気軽に入山してきた観光客たちの体力を根こそぎ奪っていくという裏の顔を持っているからです。久しぶりに歩いてみて、この急勾配にびっくりしました。といっても山腹までの勝負なんですけどね。

f:id:ta2ni:20180108114441j:plain

急坂の九十九折を迎えて分岐に差し掛かります。1号路ってヤバくね?と思い始めた人に朗報です。そんな時は若干回り道になるけど金毘羅台へ向かうのがオススメです。道標にもありますが、展望台があるので単調な1号路に飽きた方は迷わずこちらへ。

f:id:ta2ni:20180108114458j:plain

ちょろっと階段が続き、「やめときゃよかった…」なんて思わずに頑張りましょう!歩いていて思ったけど、昔この道を歩いた記憶がぼんやりとあるような?

f:id:ta2ni:20180108114514j:plain

金毘羅神社のある展望台に到達~!やっぱりここ来たことあるな~!

f:id:ta2ni:20180108114531j:plain

都心部の眺めに自信アリの金毘羅台です。右端にうっすらとスカイツリーも見えます。やはり眺望を楽しむなら冬に限るな。ケーブルカーなどで上がってくれば、高尾山駅の展望台からも似たような眺めを楽しめますが、それはそれ、これはこれ。辛い登りの途中に与えられるご褒美感がグッとくるのです。

f:id:ta2ni:20180108114547j:plain

中央左にうっすらと筑波山も見えました。いいですね~、稲荷山コースにも展望台はありますが、またちょっと違った角度になります。高尾山は道中色んなところに展望台があり、山の中からいろんな方向の景色を確かめることができるのも面白い。

f:id:ta2ni:20180108114602j:plain

1号路を利用するなら、単調な登り坂の途中に展望台のある金毘羅台経由がオススメです。また、下山時でも分岐からすぐの場所に展望台があるため、ちょろっとの立ち寄りにも最適です。

f:id:ta2ni:20180108114619j:plain

金毘羅台から緩やかな勾配を歩いていくと、乗り物終点の高尾山駅と合流します。1号路を歩いていて面白かったのは、山の中では頻繁に聞く挨拶がほとんどないことです。稲荷山コースだとすれ違った人と「こんにちは~」も多いんですけどね。ただ、前に埼玉の大高取山で50人前後のパーティと挨拶の応酬をした時は参りましたけど(笑)

f:id:ta2ni:20180108114634j:plain

リフトの終点からはググっと人も増え、高尾山駅には長蛇の列ができていました。お昼過ぎということもあって、皆さんもお目当ては大人気の「天狗焼」ですね。今はケーブルカー周辺工事のため、仮設店舗が出されています。食べたかったけど、この列じゃちょっとね…

天狗焼は一昨年の春に初めて食べましたけど、すんげー美味かった。

surao.hatenablog.com

 

f:id:ta2ni:20180108114656j:plain

それじゃあ「三福だんご」はどうでえ!?…こちらも長蛇の列です。しまった…いつも朝早いため、飲食店の混雑具合がわからねえ…!!

f:id:ta2ni:20180108114714j:plain

いつもならこの景色を見ながら三福だんごに舌鼓…なんだけど、今は舌よりもお腹の音が鳴っています。そうだった、俺は腹ペコだったんだ(;´Д`)グ~

f:id:ta2ni:20180108114729j:plain

展望自慢のキッチンむささび売店で売られている「天狗ドック」に食欲を刺激されるも、我慢ガマン…今日はそう、薬王院目の前のお茶屋さんに行くんだ。12月に来た時に行きたいって言ってたし。しかし、薬王院前の茶屋もみじやよりも先に、十一丁目茶屋権現茶屋と現れるので油断できない。

f:id:ta2ni:20180108114803j:plain

高尾山には何度も足を運んでいるのに、未だ訪れていないのがこのサル園・野草園。もう少し年を重ねたらぜひぜひ入ろうと思っています。

f:id:ta2ni:20180108114820j:plain

高尾山は車の往来も多く、中には重機が入ることも。「はたらくくるま」で育った俺は重機が大好きなのです。中でもホイールローダーは上位に入りますね。

f:id:ta2ni:20180108114836j:plain

浄心門が見えてきたら、ここから様々なコースに分岐ができます。右に進路を取れば高尾山内唯一の吊橋があり、いろはの森コースにもつながる4号路へ。左へ行けば静かな森歩きができるという3号路へ。3号路はまだ未踏なので、森がモリモリしてきた頃に行ってみよう。

今回は浄心門をくぐり、男坂の先の右手階段を上がります。すると仏舎利塔飯縄大権現の石像などがありました。はえ~、まだまだ見てないとこがたくさんあるなぁ高尾は。

f:id:ta2ni:20180108114852j:plain

仏舎利塔から下りていくと、ちょうど権現茶屋前に辿り着きます。こちらは2種類のごまだんご以外では「天狗ラーメン」が名物ですって。まだ我慢~~!(;´Д`)

男坂と女坂の分岐を前に、「男はやっぱ男坂でしょ!」「いや、あえての女坂いこうぜ!」なんてやり取りが面白い。

f:id:ta2ni:20180108114911j:plain

待ってました~~!!あのポール・マッカートニーも来日時にここで蕎麦を食べたとウワサの(今調べた)、薬王院前のもみじ…や……さん???

 

いえ~い、シャッターチャンス!!なんつって!

 

閉まっとるやんけ…

 

山頂までは行かず、薬王院で折り返し

f:id:ta2ni:20180108115004j:plain

三が日は大混雑するという高尾山薬王院、では明けの1月4日ではどうか。前情報では通常の混雑に戻りますとあり、混雑は変わりないんかい!とツッコみたくなります(笑)さすが高尾山。

やっぱり高尾山の混雑を回避したい!というなら早朝一択ですかね。近頃はもう混雑に慣れたし、ワイワイしていて楽しいもんです。

f:id:ta2ni:20180108114928j:plain

いつの間にか新しい御朱印が出ていましたよ!ほ、ほしい…!思い返せば、御朱印を初めて頂いたのもここ高尾山でした。

f:id:ta2ni:20180108115020j:plain

アーティスティックな墨書きは、授与所でちら見するとどの方も個性溢れる字を書いています。そんな薬王院の各授与所をよく見ていると、この時期はアルバイトの若い男女スタッフがほとんどですね。字が上手いっていいよなぁ。

f:id:ta2ni:20180108114945j:plain

薬王院では御朱印の列に混じって、「健康登山手帳」にスタンプを求める人も多数います。1冊21回スタンプを押し終えると満行となり、満行回数ごとに名札が飾られたり、記念品が頂けたりします。

f:id:ta2ni:20180108115038j:plain

お正月時期の限定品もあり、薬王院は正月一色です。ここのかりんとうが美味いんだよな。

f:id:ta2ni:20180108115103j:plain

今年も充実した山旅ができますよーに…

f:id:ta2ni:20180108115117j:plain

おみくじも引いちゃお。どら……うっしゃあああ!!!幸先いいぞおお!!!

f:id:ta2ni:20180108115134j:plain

さてと、こっから高尾山の山頂まではすぐですが、今回はここで折り返します。山腹・山麓を楽しむという目的だし、たまにはピークハントをしなくたっていいじゃない。つい一月前にも行ってるし。

でもだんごは食べたいんだよなぁ~。ただ…ここも長蛇の列。なんとこの日は高尾山で一度もだんごを食べないという俺的な大記録を打ち立ててしまいました。俺の天狗だんごぉぉぉ~~~!!!

f:id:ta2ni:20180108115150j:plain

次は桜の季節に高尾山から陣馬山まで歩いてみたいねえ。その時はもちろん朝イチ出発で。

f:id:ta2ni:20180108115206j:plain

おっと、天狗様の前でたろうの記念撮影を忘れるところでした。おら、ピンク召喚!

f:id:ta2ni:20180108115222j:plain

これには大天狗様もこの表情!!集中線か、マガジン特有の「!?」がほしいとこです。

f:id:ta2ni:20180108115259j:plain

腹ペコの帰り道、権現茶屋付近ののぼりに可愛いやつ発見。ラーメンが食べたくなりますが、我慢…!!とろろそばが食べたいんじゃあ~。

f:id:ta2ni:20180108115317j:plain

麓の髙橋家に並ぼうと思っていましたが、堪えきれず十一丁目茶屋へ。ここのとろろそばは卵がつきます。冬は温かいおつゆが体によく染み、ぺろりと完食してしまう。

f:id:ta2ni:20180108114746j:plain

十一丁目茶屋にはテラス席が設けられており、この景色を見ながら蕎麦を堪能できます。この景色が、食べ物を何十倍も美味しくさせるんだと思います。

f:id:ta2ni:20180108115338j:plain

道標にミレーの帽子が置いてある…安いもんじゃなかろうに。高尾山は「ゴミ持ち帰り運動」発祥の地とのことなので、こうした忘れ物?などもないように気を付けたいですね。

最近、越谷レイクタウンアウトレットにミレーの店舗ができたとのことなので、ちょっと見てみたいです。今んとこ全身モンベルマンで十分ですけど。安心と信頼のモンベル、安い!軽い!すごい!

f:id:ta2ni:20180108115429j:plain

美味しい蕎麦を食べた後は、ちょいとカフェに立ち寄りませんか?キッチンむささびの上にある高尾山絶景カフェで名物「天狗ドック」を。さっき食べたばかりでまた食べる。これぞ高尾山マジック。

f:id:ta2ni:20180108115445j:plain

まるで戦車の砲身のように長いソーセージを、焼きたてのパンに挟んでまるかじり。肉汁にアチチとなりながら、気づいたときには鼻が天狗のように伸びているはずです。久しぶりに食べたけど、やっぱうめえな…(;・`д・´)

f:id:ta2ni:20180108115411j:plain

この絶景カフェからは、その名の通り関東平野の絶景が楽しめます。夏にはビアマウント会場にもなるので、そん時は関東平野夜景が楽しめるそうで…

f:id:ta2ni:20180108113351j:plain

さらに、関東平野の景色に加えて、奥多摩・奥武蔵方面の景色もズラリ見渡せます。高尾山に来た人が、次はあの山に登ってみようかな、こないだあの山登ったななんて思ったり。

f:id:ta2ni:20180108115353j:plain

まさに俺がその人です(笑)真ん中右にちょんと尖った山容の大岳山、そこから左に流れ鷹ノ巣山御前山、そして御前山の左奥に遠くそびえるのが…去年苦汁をなめた雲取山です。右端奥には川苔山も見え、奥多摩の名峰が勢揃い。いつかまた晴れ晴れとした気持ちで臨んでやるぞ!

f:id:ta2ni:20180108113420j:plain

展望を楽しんだ後は、ケーブルカーもリフトも程よく混んでいるので、お決まりの1号路へ。ケーブルカー乗り場手前にある天狗屋では、美味しいチーズタルトが購入できますので、これをお土産にします。もってくれよ…オラの財布!!

f:id:ta2ni:20180108113436j:plain

こないだ初めて乗ったケーブルカーくん。また家族ハイキングの時まで待っててくれよな!

f:id:ta2ni:20180108113451j:plain

1号路を黙々と歩いていき、下山後は清滝駅の駅内にある売店やまゆりにて、この「天狗黒豆まんじゅう」を買います。手土産グランプリの最優秀賞と輝かしい実績を誇り、カリッとした揚げまんじゅうの食感に、中の黒豆あんがベストマッチ。この黒豆あんは、上で売られている天狗焼きと同じものらしいですね。どうりで美味いワケだ。

f:id:ta2ni:20180108113506j:plain

さて、後は電車に乗って帰るだけ?いえいえ…この俺の好きなテイストのキャラクターが気になりませんか?それはともかく、高尾山温泉と同じく2015年にできたばかりのミュージアムに行ってみましょう。実を言うと、今回ここに行きたかったんです。

 

麓も見どころたくさん、高尾599ミュージアムと高尾山温泉

f:id:ta2ni:20180108113557j:plain

高尾山に着いて、登って下りて、そのままスーッと返ってしまうのはちょっともったいない気がします。麓の高尾山口駅付近には近年になって多くの見どころある施設が誕生したからです。

f:id:ta2ni:20180108113522j:plain

まずはこちらの高尾599ミュージアム清滝駅から続く商店街を、飯島屋の前で右に曲がった先にあります。なんとこちらのミュージアムは入館無料なのだ。

f:id:ta2ni:20180108113536j:plain

広場には「599」のモニュメントが設置されており、子どもの遊び場になっていたり(笑)ちなみに、599とは高尾山の標高のことです。山の上にいる時はそんな風に感じないんだけど、実はスカイツリーよりも低いんですよね。

f:id:ta2ni:20180108113751j:plain

館内には高尾山の情報や、動植物などがきれいに展示されています。山頂にあるビジターセンターを、うんとスタイリッシュにしたイメージです。モニタに子どもが釘付けです(笑)よくわかんないけど、とりあえずモニタの前って立ち止まるよね。

f:id:ta2ni:20180108113731j:plain

うわ~これは楽しい!木の実の中に手を突っ込んでジャラジャラ遊べます。ジャラジャラジャラジャラ…

たろう入れたい…(;´Д`)

f:id:ta2ni:20180108113806j:plain

山ガールのスタイル・コレクションも展示されていました。山でのファッション…こだわり始めるととてもお金が足らないので、今のところ開拓できないジャンルです。

f:id:ta2ni:20180108113701j:plain

さて、このミュージアムのお目当てですが…それは、デザートです。事前にテイクフリーのるるぶ特別編集の多摩シリーズを読破し、美味しいんだろうなぁという妄想を膨らませてやってきたからこそ、楽しみも倍の倍というもの。

f:id:ta2ni:20180108113628j:plain

それがこちら、「“みるくの黄金律”フロマージュケーキ」です。八王子の磯沼牧場のおいしいミルクを使用したケーキということで…文面だけでうまそう!!コーヒーとセットで注文しちゃいました!

f:id:ta2ni:20180108113643j:plain

一口目…あ、あまい……(*´ω`*)すかさずコーヒーを一口。おお!?甘味と苦味がまじわっていい感じに…二口目、もう止まらない(; ・`д・´)パクパクパク

また館内の雰囲気がいいですね。テーブルもイスも「多摩産材」でできているそうです。いいですね~、奥多摩エリアを歩くなら、この多摩産材のこともちょろっと勉強しとくと、また違った景色が見えてきそうです。

f:id:ta2ni:20180108113613j:plain

キッズスペース?は小高い山みたいになっており、子どもらがバトルしていました。しかし、それよりも気になるのは、右のだだっ広い枠内のポツンと書かれた「スギ」の解説。小さスギ(笑)

f:id:ta2ni:20180108113716j:plain

なんか木の温もりっていいですよね。最近では「木育」っていう言葉も聞くし、木のおもちゃで遊ぶことができる、四谷にある東京おもちゃ美術館に行ってみたいです。

f:id:ta2ni:20180108113823j:plain

おい、どんちゃんかわいすぎだろ…(´・ω・`)

f:id:ta2ni:20180108113837j:plain

さて、ミュージアムで一息入れた後は、旅の締めの温泉です。駅から直結している高尾山温泉は利用者にとって本当に極楽の施設です。あつ湯にじっくりと浸かって湯上がり牛乳をば…プハーッ!(*´Д`*)

f:id:ta2ni:20180108113907j:plain

館内には電車の案内表示もあるので、余裕をもって楽しめます。23分初の特急がベストですね。

f:id:ta2ni:20180108113852j:plain

お見送りは玄関に飾られた大きな天狗面がしてくれます。帰りにスーツを回収して、お土産もたくさん買ったから大荷物です。駅から直結というのが本当にありがたいなぁ。

f:id:ta2ni:20180108113929j:plain

なんと!帰りの電車も高尾山トレインでした!うわ~超うれしい!今まで全く見たことなかったこの車両だけど、今日の行き来で堪能できました。今度出る京王線の新型車両5000系も見ることができたし。俺もいよいよ鉄道マニアか…

f:id:ta2ni:20180108113947j:plain

ということで、午後入りで山頂には行かなかったけど、十分に満喫できた高尾山でした。次は桜の時季か真夏に来て、花見やかき氷などの風物詩を楽しみたいですね。

登山者でも観光客でも思い思いの楽しさがある高尾山は、やっぱり納得のミシュラン三ツ星だと思います。

何度来ても楽しい、また来たくなる、それが高尾山!

 

コースタイム

2018年1月4日(木)晴

高尾山口駅(12:10)⇨薬王院(13:20)⇨十一丁目茶屋(14:10)⇨高尾山599ミュージアム(15:00)⇨高尾山口駅(16:10)

 

■また行きたい、高尾山~陣馬山の縦走 

surao.hatenablog.com

■子どもとハイキングデビューにも最適の高尾山

surao.hatenablog.com

三浦大知、最高です

BEST(AL2枚組+Blu-ray Disc)(スマプラ対応)

BEST(AL2枚組+Blu-ray Disc)(スマプラ対応)