ようこそ スラ男村

なまけたろうと登山ブログ

東京ディズニーシーの風景美

1月最初の週末、新年最初の山旅は秩父地方へ。

土色の渋みが利いた、い~いところでした。秩父

 

本日の日記は、渋みとは打って変わって華やかな世界へ…

 

 

 

どうも、スラ男です。

 

昨年12月の中旬、クリスマスシーズンということもあって激混みが想像に難くない

東京ディズニーシーへ行った時のお話です。

 

 

ディズニーリゾートには何度も訪れていますが、物価の上昇などもあり以前のように

遊園地=ディズニーという感覚ではなくなってしまった。

あと混雑ね。こればっかりはどこ行っても仕方ないけど…

 

あ!富士山だ!!やったね☆

 

 

水平線の向こう側、千葉県の山々が見えたりするんですよね。

アクセスの問題でなかなか行く機会のない千葉だけど、いずれ…

 

 

ディズニー内での楽しみ方も、やはり時代とともに移り変わっていくものでしょうか。

たくさん乗り物に乗る!美味しいもの食べる!とてもじゃないけど難しいです(;・`ω・´)

 

まあ、まだ小さな子どもと一緒に来ているので、制限のある乗り物は除外されるため、

行動範囲が予め決めやすいのは助かりますな。

 

 

駆け足で周っていると見落としがちなディズニーリゾートの造形美。

今回は様々な風景をパシャリしながら楽しんでいきます。

 

 

ディズニーシーといえば、何といってもシンボルはこのプロメテウス火山

最近は噴火のタイミングをバッチリ捉えることが多くなりましたね。この日は残念ながら…

 

 

シーというだけあって、やはり水風景が美しいです。ただ、冬は寒いのがネックか。

そのせいもあって、屋内施設のマーメイドラグーンは絶好の休憩場所なのだ。

 

この日、もちろんマーメイドラグーンに行こうとしたら、息子が泣き出してしまった。

様々な方法でラグーンへの侵入を試みるも、息子に完封されてしまう。

 

海の守護者、ポセイドンの誕生である。おのれえええ!

 

 

ラグーンは諦め、そのままアラビアンコーストへ。このエリアの雰囲気も美しい。

 

 

キャラバンカルーセル(メリーゴラーランド)なら息子も乗れるので、楽しみだ。

嫁は息子をジーニーに乗せたい、俺はラクダに乗りたい。

 

実はこのラクダ、ジーニーが変身した姿っていう設定はどうだ?だめか…(´・ω・`)




この後ロストリバーデルタで昼食をとり、ぶらぶらとポートディスカバリーを散歩する。
ご飯時にはレストランは無論、ワゴンですらも行列ができる昨今、すぐに店内に入れたのは
ラッキーというほかないだろう。



日も暮れ始め頃、ようやくアメリカンウォーターフロントへ。この日は逆時計回りに
園内を周っているなぁ。
というのも、開園と同時におおよその人がトイストーリーマニアを目指すだろうから
この日は避けたのだ。

あのアトラクションは「」だ。

 

夕暮れ時の園内はより一層美しい風景を演出している。

 

この時間になってくると、ショー待機の人たちが目立ち始める。寒いのにすごいガッツだ。

 

 

こうして一日の園内の変化をゆっくりと見るのも悪くないと思う。

もちろん、アトラクションや食べ物、グリーティングなどを満喫しながらだが。

 

 

夜になり、煌々とした風景はやはりメディテレーニアンハーバーが美しい。

この日はゴンドラによる結婚式の催しが行われていたな。ゴンドラ乗りたかったぜ。

 

 

昼間に「戦」をしに行った人たち、夜のトイビルトロリーパークのイルミネーションも

一見の価値ありですよ。さすがにこの頃になるともう一度アトラクションに乗る体力が

あるかどうかは別の話…(´;ω;`)ブワッ

 

 

いつのまにか15周年を迎えたディズニーシー。混雑状況や物価に変化はあるものの、

今も昔もその人気は衰えていないようだ。