ようこそ スラ男村

なまけたろうと登山ブログ

福徳神社(中央区)

あれ?この場所にこんなところあったっけ?などと、久しぶりに来たところが

新しくなっていたりすると、何だか嬉しい気持ちになる。

日本橋福徳神社も今年9月に「福徳の森」ができたようだ。

 

日本橋に行く用事があったので、参拝がてら歴史のお勉強を…

 

 

 

どうも、スラ男です。

 

地元足立区の竹ノ塚駅も最近地下通路ができたようで、さっそく通ってみました。

こら便利だなぁ。踏切を通るのに歩道橋や駅内を通る人も助かるね。

 

さて、今日は日本橋に行ってきた時のお話です。

日本橋に行ってきたぜ!と言っても、買い物などをするわけではないので、散歩がてら

前から行きたかった場所へ。

 

 

それがここ。東京の道路の基点となっている場所、東京市道路元標です。

よく「日本橋まで何km」なんて道標や看板を見たことがあったけど、その基点なんですね。

 

 

特に観光地~というわけではないけど、交通の中心点というだけあって、昔はどんな

風景だったのかな?などと想像をかきたてられます。

 

 

これは…??モンスターボールではなさそうだな。

どうやらタイムカプセルのようです。これが開封されるのは、架橋125周年を迎える

2036年とのことです。お、割りと近い未来ですな。

 

 

立派な狛犬が、日本橋を守っているようにも見えます。

 

 

この橋を渡った先に、道路元標のモニュメントがあります。

さすがにここは人だかりがありましたね。何かのアンケートを取っている人たちも。

人だけでなく、ハトの待ち合わせ場所?にもなっているようです。

 

 

道路元標から三越前を目指します。いつか三囲神社で見たライオン像を見た後、

福徳神社へ。おお!森ができてます!!

 

 

お参りに来ていたアフロの方のインパクトが強すぎますね…

 

 

福徳神社では、行事に合わせて御朱印にも力を入れており、人気みたいですね。

以前訪れた時は、「中秋の名月」だったっけな。月見団子の飾りが印象的でした。

 

 

福徳の森では、世界初となる流れ星と連動したイルミネーションが11月末から

1月9日までの期間で開催されるようです。これはちょっと気になるぞ…!?

 

 

 

時季柄ちょっとさみしい感じがする森だけど、都会に緑があるのはいいですよね。

この辺りは街路樹も少ないので、癒やしのスポットになりそうだ。

 

 

森と一緒にオープンしたカフェでは、おいしい今川焼きをいただきました。

種類も多くて、また来たくなりますね。イルミネーションとキキララのコラボも。

 

 

これから仕事で日本橋に来ることが多くなりそうなので、福徳神社にお参りする

機会が多くなるかも…いつか祭日に当たるといいなぁ。